写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アークシステムは11月8日、オープンソースの監視ソフトウェア「Zabbix」の構築と保守サービスを提供する「まるごとおまかせZabbix」を2017年1月より提供開始すると発表した。

同社では、Zabbixなどの監視製品をベースにした監視システムの構築、運用についての実績を有しているが、その経験で得たスキルとノウハウを体系化し、今回メニューとして発表した。具体的には、Zabbix環境構築サービスである「超速Z」「快速Z」「快適Z」、Zabbix保守サポートサービスである「安心Z」を提供する。

超速Zでは、低コストでZabbixによる監視環境を構築するサービスで、死活/リソース監視環境を顧客環境へ構築する。価格(すべて税別)は、監視対象ノード数10までで30万円。

快速Zは、超速Zに比べて、より多くの監視項目と監視条件を実装しより高い監視レベルを実現するサービス。顧客独自の監視要件・監視環境に応じた内容のカスタマイズにも対応する。価格は70万円から。

快適Zは、超速Zと快速Zのサービスに加え、高い可用性や運用性を提供するサービス。Active-Activeの冗長構成、監視データの活用を補助する履歴データのCSV出力処理の中から必要なものだけ選択して、構築する。価格は60万円からだが、別途保守サポートの購入が必要。

Zabbix保守サポートサービスである安心Zは、顧客のZabbix環境を把握した上で、保守サポートを行うサービス。同社が従来から提供しているZabbix Enterpriseサポートをベースにしている。価格は49万円9000円から。

(山本明日美)