写真提供:マイナビニュース

写真拡大

JR東日本千葉支社は11月26日、幕張車両センター(千葉県千葉市)で「幕張車両センターフェスティバル 2016(マリフェス2016)」を開催する。

当日は、千葉県にゆかりのある特急形電車が車両センターに大集合。普段は間近で見ることのできない車両部品の展示や、保線・信号・電力のメンテナンスといった設備に関わる展示も行う。

車両センターで実施している車両検査の実演や、洗浄機を通過する車両への体験乗車、実際の車両での車掌業務体験(小学生以下限定)も実施。これら3つの実演・体験については当日会場で整理券を配布する。その他、ミニ新幹線乗車体験、Nゲージ広場、弁当や飲物などの販売を行う予定。鉄道車両部品の販売は行わない。会場の幕張車両センターは総武線幕張本郷駅から徒歩約12分。駐車場・駐輪場がないため、千葉支社は徒歩以外での来場は遠慮するように呼びかけている。

(佐々木康弘)