今大会初出場となる石川遼はどんなプレーを見せてくれるのか(撮影:GettyImages)

写真拡大

<OHLクラシック at マヤコバ 事前情報◇8日◇エル・カマレオンGC(7,039ヤード・パー71)>
 メキシコにあるエル・カマレオンGCにて米国男子ツアー「OHLクラシック at マヤコバ」が現地時間10日(木)より4日間の日程で開幕する。先週の「シュライナーズ・ホスピタルズ for チルドレン・オープン」で予選落ちを喫した石川遼が初出場する。
1ストローク及ばず…悔しい予選落ちを喫した
 開催地の名にちなみ“カメレオンのようだ”と例えられるほどの変幻自在の風が吹く難コース。昨年はグレアム・マクドウェル(北アイルランド)が三つ巴のプレーオフを制し、ツアー3勝目を挙げている。
 米ツアー公式サイトで発表されたパワーランキング(優勝予想番付)で、石川は13位にランクイン。1位は今季2試合共にトップ10入りを果たしているラッセル・ノックス(スコットランド)。昨年プレーオフで敗れたリベンジを果たせるか。
 2位に今季好調のキーガン・ブラッドリー(米国)、3位に2013年大会の覇者、ハリス・イングリッシュ(米国)が入った。また、今大会で5週連続出場のスコット・ピアシー(米国)が5位にランクインしている。
 前述の通り、多くの選手を苦しめる激しい天候の変化に、初出場の石川がどのようにアジャストできるかが勝負のカギを握ることになりそうだ。松山英樹とのタッグで挑む「W杯」が2週間後に控えているだけに、今大会で弾みをつけたい。
【パワーランキング】
1位:ラッセル・ノックス
2位:キーガン・ブラッドリー
3位:ハリス・イングリッシュ
4位:ジョン・ラーム
5位:スコット・ピアシー
6位:エミリアーノ・グリジョ
7位:クリス・カーク
8位:ジム・フューリク
9位:チャールズ・ハウエル・III
10位:キム・シウ
13位:石川遼
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】
【男子ツアーの深層】優勝争い終盤の“勝負の分かれ目”を感じ取れる二人の経験値
『W杯』で松山英樹&石川遼の初タッグが実現
ツアーで見つけた旬ギアネタ【HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 編】