ダリの世界へワープ

写真拡大

「好事家の書斎」をコンセプトにした「Cafe&Bar 十誡」(東京・銀座)では、優れた芸術作品や作家をモチーフにした月替わりのカクテルが楽しめます。

街の喧騒から離れ、アンティークソファに腰を下ろし、アナログレコードに耳を傾けながらユニークなカクテルはいかが――?

三島由紀夫のオマージュカクテルも

壁を埋め尽くす珍しい写真集や貴重な芸術書など、文豪、詩人がこの世に送り出してきた作品の数々に埋もれながら、カフェタイムやバータイムを楽しむ優雅なお店です。注目はチーフバーテンダーが作る、月替わりの「今月のカクテル」。毎月違う作家を特集します。

11月は、「サルバドール・ダリ『La memoria 記憶』」。東京・国立新美術館で開催中の「ダリ展」に合わせた絵画イメージカクテルです。バナナのアレキサンダーにこぼれているようなミルクのホイップ、卵の殻に入ったプリンと一緒にどうぞ。

月替わりの「文豪カクテル」に選んだのは、「憂国忌・三島由紀夫『私(わたくし)』」。氏をオマージュした純白の求肥のヴェールをめくると姿を現す、クリスタルに注がれた無色透明なカクテルです。三島の愛した洋酒マティーニを柚子と日本酒で仕立てました。梅塩をつまみながら味わってください。

また、先月に引き続き黒沢清監督の映画「ダゲレオタイプの女」とコラボレーションしたカクテルもあります。シャンパーニュ産のフレンチウイスキー「GUILLON」をベースとして、愛と死を感じさせる1杯をお届けしています。

場所は東京都中央区銀座5-1-8 銀座MSビル地下2階。営業時間は15時〜24時(18時からはバーとして営業)、日曜は15時〜23時30分。定休日は月曜・祝日。カフェタイム300円、バータイム500円のチャージがあります。

詳しくは公式サイトで。