ハ・ジウォン&チョン・ジョンミョン&チェン・ボーリン主演映画「命がけの恋愛」メイン予告編を公開(動画あり)

写真拡大

ハ・ジウォンが映画「命がけの恋愛」で、突拍子もないホダン(しっかりしているように見えるが、どこか抜けている人) のような推理小説家に変身した。

「命がけの恋愛」側は8日の午前、メイン予告編を最初に公開し、ゾッとしてスリル満点のストーリーを期待させた。

予告編は、まるでスリラー映画を予想させる真剣な雰囲気で始まる。「梨泰院(イテウォン) 連続殺人事件」という事件名と事件の概要を披露する中、突然雰囲気がコミカルに変わり、好奇心をくすぐる。

ハ・ジウォンはベストセラーを夢見るホダンのような推理小説家ハン・ジェイン役を演じ、突拍子もない魅力をアピールした。彼女は「私が連続殺人犯を実際に捕まると…どうなるんですか?」と質問を投げ、続いて彼女のコミカルな非公式捜査シーンが描かれる。

車のトランクでのおならシーン、優れた記憶力で指名手配ポスターで見た容疑者にまるで知人であるように挨拶するシーン、ウェディングホールのマネキンを真似するシーンなどは、「命がけの恋愛」が作品で見せる笑いに対する期待をさらに高め、今まで見ることができなかったハ・ジウォンのコミカルな演技に対する期待をアップさせる。

また「ないセンスを生かそう」「頑なでも捜査を敢行」「絶対に痕跡は残さないこと」「容疑者に知ってるふりをするのは禁止」などのキャッチコピーは、ホダンのような推理小説家ジェインのゾッとしてスリル満点の非公式捜査に対する好奇心を刺激する。

それだけではなく予告編の映像には、スリラーとコメディに続き、ロマンスとアクションまでジャンルのミックスマッチを予告し、観客たちの視線を引き付ける。

「命がけの恋愛」は非公式捜査に乗り出したホダンのような推理小説家ハン・ジェインのスリル満点のコミック捜査劇を描いた作品だ。ハ・ジウォン、チョン・ジョンミョン、チェン・ボーリン(陳柏霖) などが出演する。韓国で来月公開される予定だ。


※この動画はPCサイトのみの対応となります。