「MAISON SABAE 美少女戦士セーラームーン セーラーVなりきりアイウェア」

写真拡大

バンダイ公式ショッピングサイトプレミアムバンダイは、少女向けアニメの金字塔「美少女戦士セーラームーン」と福井県鯖江市のメガネ職人がコラボレーションした「MAISON SABAE 美少女戦士セーラームーン セーラーVなりきりアイウェア」の予約受け付けを2016年11月8日13時に開始した。

すべて手作り。成型と色彩にこだわり抜いた逸品

セーラーVは、太陽系セーラー戦士たちのリーダー「セーラーヴィーナス」が、前世の記憶を思い出して覚醒するまでのコードネーム。赤いメガネは彼女のコスチュームの一部だった。

日本国内のメガネ生産量約9割を誇る名産地「福井県鯖江市」の職人と美少女戦士セーラームーンのコラボによって誕生した「セーラーVなりきりアイウェア」。1本1本が手作りで、両端の切り込み、艶のある赤色、サイズ感に至るまで、メイド・イン・ジャパンならではの成型、色彩にこだわり抜いたという。価格は1万6200円(税込)。送料・手数料は別途発生する。詳細は商品購入ページまで。

本商品は、バンダファッションネットが手がけるアイウェアブランド「MAISON SABAE(メゾン サバエ)」の記念すべき第1弾でもある。

また東京都新宿区のカルチャーショップ「BEAMS JAPAN」4Fにあるバンダファッションネットコーナーでは、本商品の展示と予約受け付けを行っている。準備数に達し次第、受付終了。