まるで宝石! 江戸伝統の「榮太樓飴」にバニラミルク味新登場、手みやげにもオススメ

写真拡大

日々おいしいものの情報をお届けする「うまいめし」編集部。
今回は老舗菓子店の人気シリーズに新味登場のニュースをご紹介します。

全国お取り寄せ“最優秀賞”に輝いた「柿バター」、柿の甘みとバターがとろけておいしそう

まるで宝石のような、コロコロかわいい三角形の飴たち! 江戸時代から続く老舗・榮太樓總本鋪の“有平糖 榮太樓飴シリーズ”に、「バニラミルク飴」が新登場しました。

榮太樓飴は江戸時代に誕生した「梅ぼ志飴」から変わらぬ製法で作られており、これまでに黒飴、抹茶飴、紅茶飴、のど飴を販売。今回のバニラミルク飴は優しい乳白色です。

濃厚な乳が取れる乳牛が多い北海道根釧地区産の生クリームと、マダガスカル産の香り豊かなバニラビーンを使用し、低温製法でじっくりと仕上げたもの。砂糖のカラメル化した味を極力抑えることにより、生クリーム本来の風味を生かしたミルク飴になっているそうですよ。

榮太樓飴と言えば、角の丸い、かわいい三角形が印象的。ちなみにこの三角形は、飴を断裁した際の切り口が誤って口中を傷つけない配慮とともに、飴の欠けを防ぐ工夫でもあるそうですよ。

梅ぼ志飴が生まれたのは、安政4年(1857年)。江戸当時から変わらぬフォルムで生まれた新たなフレーバー「バニラミルク飴」、その味わいが気になるところですね。

和スイーツとして、ちょっとした手みやげなどにもオススメです。販売店舗の詳細は、全国の各店舗へお問い合わせください。

【会社概要】
株式会社榮太樓總本鋪
〒103-0027 東京都中央区日本橋1-2-5 栄太楼ビル7F