写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ルネサス エレクトロニクスは11月8日、次世代サラウンドビュー、ミラーレス、ドライバーモニタシステムなど、カメラを応用したADASアプリケーションの開発を加速する「ADASビュー ソリューションキット」を開発したと発表した。

同キットは10月19日に発表した車載ソフトウェア開発環境「R-CarスタータキットPremier」をベースとした、カメラ応用システム向け拡張ソリューションキットで、2015年10月に発売したADASサラウンドビューキットの第2弾となる。

標準で4個のカメラを搭載しており、最大8個まで追加可能。サラウンドビュー用のサンプルソフトウェアと、画像の歪み補正を行うキャリブレーションソフトウェアも含まれており、ADASアプリケーション向けソフトウェアの開発をオールインワンで実現する。

なお、提供時期と価格は未定となっている。

(神山翔)