秋の柔道日本一を決する講道館杯(今年は11月12・13日)は、例年、新星が台頭する大会であり、リオ五輪を終えたばかりの今年は、4年後の東京五輪に向けて新たに代表争いがスタートする大会でもある。

 1998年の鈴木桂治と2004年の石井慧――のちに五輪金メダリストとなるふたりはいずれも国士舘高校3年のときに同大会の100キロ級を制し、その活躍を足掛かりに日本代表へと成長していった。

 今年、先輩のふたりに続こうと100キロ級に挑戦するのが、国士舘高校3年・飯田健太郎だ。インターハイと全日本ジュニアを2連覇している100キロ級のホープである。

 名門・国士舘高校の柔道部を長年、率いてきた岩渕公一監督はいう。

「(鈴木)桂治や石井のときは、幸運もあって、どちらかというと転がり込んできた優勝だった。飯田の場合は、狙って獲りにいくタイトルです」

 現・柔道男子監督の井上康生と同じ右組みの飯田は、井上同様、内股を得意とする。それでいて、鈴木桂治が武器とした足技もキレる。井上と鈴木を足して割ったような、大胆さと繊細さを併せ持つ柔道家だ。岩渕監督も、その非凡な才能を認める。

「とにかく器用で、教えたことの理解力がある子です。内股は『イチ、ニ、サン』ではなく、『イチ、ニ』と素早く相手の懐に入って投げることができるし、重い相手に対しては回しながら投げる内股もある。そして、内股が警戒されたら大外刈りも。今年に入って技のバリエーションが増えてきた。楽しみです」

 国士舘の柔道場で飯田の存在は際立っていた。たしかに188センチの高身長で、ひとりだけ日の丸が縫い付けられた青の柔道着はただでさえ目立つ。だが、それだけではない。どこか大人びているのだ。その印象はインタビューの段となってより強くなる。

 父親が国士舘大学の柔道部出身という飯田は6歳で柔道を始めた。当時はサッカーもやっていた。柔道とサッカーを経験しているのは、足技が得意だった鈴木と同じだ。

 飯田が語る。

「自分、右利きで、柔道も右組みなんですけど、蹴るのだけは左利きなんです。柔道で左の足払いが得意なのは、サッカーの影響かなって思います。これまで野球もやったし、どんなスポーツでもちょっとやっただけで、なんとなく感覚は掴めましたから、運動神経はいい方だと思います」

 小学3年から柔道一本に絞り、6年生の時に全国2位に。中学は地元・神奈川の大野北中学に進学し、3年次の全国中学校体育大会では81キロ級で2位に輝く。国士舘高校に入学してから90キロ級に階級をあげ、さらに2年生では100キロ級でインターハイ、全日本ジュニアを制す。

「体が大きくなるにつれて体重が増え、自然と階級を変更していきました。これまで減量はしたことがないです」

 現在は体重が90キロ台で、やや線が細い印象も受けるが、いまだ成長期にあり、体はさらに大きく太くなることが予想される。井上と鈴木がライバルとしてしのぎを削ってきた日本柔道の顔というべき100キロ級で、しばらくは世界を目指すという。

「現在の柔道は、重い階級でも、すらっとした、軽い階級から上げていった選手が強いと思う。昔軽かった人は、組み手とか、技がしっかりしている。昔から重かった選手って、体重に頼ったりしちゃうと思うので。(リオ五輪100キロ超級銀メダリストの)原沢(久喜)さんとか、七戸(龍)さんとか、そういうタイプの柔道家に自分は近いと思います」

 今年4月の選抜体重別選手権では、実績のある年上の柔道家を相手にしながら準決勝まで進出した。軸がぶれず、相手の技に対しては長い足を浮かして簡単にすかしていた柔道が印象に残る。バランス感覚が鋭いのだろう。

「股関節が柔らかいんだと思います。相手の技をガチッと受け止めるんじゃなくて、受け流す感じ。ほかの選手からは『やりづらい』とか『技が吸収される』とか、よくそんなことを言われますね」

 将来のビジョンや、自分の柔道の特徴、相手が抱く印象について言葉を尽くして語ることは、高校生のアスリートがなかなかできることではない。こういう理知的な一面によって、飯田が大人びたアスリートに映るのだろう。

「記憶力はいいと思います。小学校や中学校の時に、誰にどんな負け方をしたかとか、今でも覚えていますから。試合前に、対戦が予想される相手の対策を練るときなんかに、生かせているとは思います」

 飯田は昨年の講道館杯にも出場した。初戦に勝利し、2回戦では北京五輪81キロ級代表の小野卓志に勝利するなど、準々決勝まで進出した。この春まで順調にキャリアを積んできたものの、今年の全国高等学校柔道選手権では団体戦の決勝・大将戦で敗れ、昨年、高校三冠を達成していた国士舘が久しぶりに日本一を逃す一因となってしまう。「その悔しさが、春からの成長につながった」と岩渕監督は振り返る。

 二度目の講道館杯において、飯田のターゲットとなるのは、昨年大会の優勝者であり、今春の選抜体重別で一本負けしているウルフ・アロン(東海大)だ。100キロ級のリオ五輪銅メダリスト・羽賀龍之介は出場しない。

「(鈴木と石井という)先輩に続きたいという思いはありますが、高校生王者とか、そういう肩書きは気にしていない。講道館杯は去年経験して悔しい思いをしているので、今年は"勝たなければならない"くらいの立ち位置にあるんじゃないかと思っています。ウルフさんには勝ちたいし、講道館杯からグランドスラム東京、そして来年の選抜体重別とつなげていけたら」

 小学生から、五輪での金メダルを目標にしてきた。

「たしかに口にはしていましたけど、現実的な目標になったのは今年に入ってから。やっぱり、五輪に出た選手と練習する機会も増えて、刺激をもらいました。僕は一度でも目標を口にしたら、達成しないと気が済まないタイプなんで、休んだりはできません」

 では2020年の目標を――あらためて飯田に質(ただ)した。

「東京五輪で、金メダルを獲ります」

柳川悠二●文 text by Yanagawa Yuji