“生理痛を軽減する”チョコレート

写真拡大

スイスのルツェルンにあるショコラティエで、「生理痛を軽減する」というチョコレートが開発され、注目を浴びている。

高級ホテルやチョコの名店で経験を積んだヴィドマーさんは、「愛とチョコレート」という店を持つようになった。そして3年前から、家族のために「女の月」という名前で調合した17種のハーブティーを作り、満足させてきたそうだ。そこから婦人科やハーブセラピストらとの研究を重ね、このたび「生理痛を軽減する」チョコレートを開発した。

スイスの山にある17種のハーブなどがもたらすテオブロミンやセロトニンなどの作用で、不快感を和らげ、心を落ち着かせる効果が見込めるチョコレート。ヴィドマーさんによると、「女性のための初めての健全なチョコレート」だが、薬ではないので男性でも美味しく食べられると強調。お値段は100グラムで1340円となかなか高価な値付けだ。

すでにスイス各地でお披露目がなされ、アジアへの販売などを見越して量産体制に入るため、クラウドファンディングを始めるなど評判は上々と、複数のメディアが紹介している。

ネットでは「なかなか面白い考えだね」「少し高すぎる気もする」「ハーブや値段がいいプラセボ効果を生むと思うよ」「美味しければ食べるわ」「チョコミントは女性に人気だからいい着眼点なのでは」と様々な意見が寄せられているが、注目を集めることには成功しているようだ。