アニメ映画『ひるね姫』東のエデンの神山健治監督作 - リンクする夢と現実、温かな家族の絆

写真拡大

神山健治監督最新作、長編アニメーション映画『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』が、2017年3月18日(土)に全国ロードショー。

物語の舞台は、2020年、東京オリンピックを3日後に控えた夏の日。「なんでこんなに1日中、眠てえんじゃろ?」岡山に父親と二人で暮らす主人公の女子高生・森川ココネは、所かまわず昼寝をしては怒られる日々の中で、いつも同じ夢を見ていることに気づく。ココネが知らない両親の秘密。その謎を解く鍵は、妙にリアルでとても温かい、不思議な夢の中にあったーー。

本作を手がけるのは、『攻殻機動隊 S.A.C.』『東のエデン』『精霊の守り人』などで知られる神山健治監督。緻密に練られたストーリーとリアリティ溢れる本格的SF描写を得意とする監督が、「自分の娘に観せたい映画を作りたい」と完全オリジナル書き下ろしのファンタジーという新境地に挑む。

主人公ココネの声を担当するのは、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」のヒロインを務めるほか、数多くのドラマ、映画で注目を集める女優の高畑充希。自身初のアニメーション映画への参加で、劇中では岡山弁を披露する。

高畑が演じる主人公・森川lココネの父親・モモタローには、声優初挑戦となる江口洋介が抜擢。ココネの幼馴染み・モリオを演じるのは、アニメ「僕だけがいない街」で声優として高い評価を得た満島真之介が担当する。

また、ココネを抱きかかえ、ロボットに変形するサイドカー「ハーツ」のデザイン原案を『ベイマックス』のコヤマシゲトが担当しているほか、音楽に「キングダム ハーツ」の下村陽子、キャラクター原案に『猫の恩返し』の森川聡子、作画監督に『東のエデン』の佐々木敦子と、各部門に豪華スタッフが集結している。

◼︎ストーリー
夢の中で再会した物語。 すべてを知るめに、私は眠る。
岡山県倉敷市で父親と二人暮らしをしている森川ココネ。何の取り得も無い平凡な女子高生の彼女がたったひとつ得意なことは「昼寝」。そんな彼女は最近、同じ夢ばかり見るようになる。2020年、東京オリンピックの3日前。突然父親が警察に逮捕され東京に連行される。父親の逮捕が信じられないココネは、父親逮捕の謎を自力で解決しようと、幼馴じみの大学生モリオを連れて東京に向かう決意をする。その途上、彼女はいつも自分が見ている夢にこそ、事態を解決する鍵があることに気づく。たったひとつの得意技である「昼寝」を武器に、夢とリアルをまたいだ不思議な旅に出るココネ。それは彼女にとって思いがけず、自分を見つける旅でもあった。

【作品情報】
映画『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』
公開日:2017年3月18日(土)
監督・脚本:神山健治『東のエデン』『精霊の守り人』『攻殻機動隊 S.A.C.』
出演:高畑充希、満島真之介、古田新太、前野朋哉、高橋英樹、江口洋介 ほか
音楽:下村陽子「キングダム ハーツ」
キャラクター原案:森川聡子『猫の恩返し』
作画監督:佐々木敦子『東のエデン』
演出:堀元宣、河野利幸、黄瀬和哉
ハーツデザイン:コヤマシゲト『ベイマックス』
クリーチャーデザイン:クリストフ・フェレラ
色彩設計:片山由美子
美術監督:鮫島潔、日野香諸里
3D監督:塚本倫基
撮影監督:田中宏侍
音響監督:はたしょう二
制作:シグナル・エムディ

◼︎劇場前売り券
発売日:2016年12月3日(土)
料金:ムビチケ小人券 900円(税込)、ムビチケ一般券 1,400円(税込)
特典:キービジュアルと、主人公・森川ココネが描かれた特製クリアファイル2種類
※11月26日(土)より全国の上映予定劇場(一部を除く)にて販売開始
※数に限りあり。なくなり次第終了。
※1人1点選択可能。

©2017 ひるね姫製作委員会


[写真付きで読む]アニメ映画『ひるね姫』東のエデンの神山健治監督作 - リンクする夢と現実、温かな家族の絆

外部サイト

  • 映画『破裏拳ポリマー』溝端淳平主演で実写化、「ガッチャマン」タツノコプロの異端ヒーロー
  • ドキュメンタリー映画『デヴィッド・ボウイ・イズ』 - 回顧展の開幕に合わせ全国で17年1月より再上映
  • 映画『鋼の錬金術師』コミック実写化 - 主役・山田涼介、ヒロイン・本田翼、監督・曽利文彦が担当