防弾少年団「一気にスターになったわけではない。着実に成長してきた」

写真拡大 (全4枚)

防弾少年団が歴代級の記録を残し、惜しまれながら最後のステージを披露した。防弾少年団は先日、音楽番組を通じて2ndフルアルバム「WINGS」の活動を終了した。音源ランキングで1位を席巻したことはもちろん、各種音楽番組とアルバムチャートで1位、海外チャートでランクインするなど、大きな成果を出した防弾少年団に感想を聞いた。

「今回『血、汗、涙』で活動しながら、大変だったが、何でもただで得られるものはない。それに成績もよかったのでとても幸せだった。最近、いつも笑っている」(RAP MONSTER)

防弾少年団は今回のアルバムで、韓国の歌手としては初めて3連続ビルボード200チャートにランクインし、韓国の歌手として最高のランキングである26位を記録して話題になった。防弾少年団は、この成績を最も意味のある出来事として選んだ。また音源チャートの1位席巻、各種音楽番組で1位のトロフィを手にしたことなどに対しても嬉しい気持ちを示した。カムバック前に放送したNAVERのライブ映像配信アプリ「V」では、ファンたちの爆発的な反応にサーバーが止まってしまった。それ以来、防弾少年団は生放送の進行に苦労しているという。これに対してジンは「ファンが団結してくれた結果のプレゼントだから、すべてが大事な記録だ」と話した。

防弾少年団にこのような人気と成長を実感しているのかと聞くと、頭を振った。

「活動をスタートし、音楽番組に出演するのが主なスケジュールだったから、人気を実感するチャンスがなかった。それでも最近、バラエティ番組でよく言及され、それが不思議だった。記事を見て『僕たち、人気あるんだ』と感じた」(ジョングク)

「最近MBC『ラジオスター』を見ていたら、僕たちの名前が言及されてびっくりした。信じられなかった。ニュースでも報じられたのを見て、僕たちの位置を実感した」(SUGA)

防弾少年団が今回いわゆる“大ヒット”し、多くの人たちが「一気にスターになった」と考えているが、実は防弾少年団には紆余曲折が多く、今の地位に上がるまで長い時間と努力を投資してきた。運やタイミングが良くて、良い反応を得たわけではない。

「今回の活動は10点満点で10点を与えたい。僕が期待した以上に良い結果が出たから高い点数を与えたい。僕も満足しているが、ファンの皆さんも僕たちのアルバムと成績に対してとても喜んでくれて、さらに嬉しい。それで高い点数を与えてもいいと思った」(J-HOPE、V)

「一部では僕たちが今回の活動を通じて、一気にスターになったと思っている方もいるようだが、事実ではない。今になって徐々に成果が出ていると思う。僕たちは『なぜこんなに遅いのか?』といつも悩んでいた。少しずつ成長しているが、そのスピードがとても遅いと感じていた。それでいつも『大ヒットさせることはできないのか』と悩んでいたが、今回これに近い成果を出せた気がする」(RAP MONSTER)

「僕たちが音楽番組の他に、バラエティ番組にあまり出演しないから活動が少ないと感じるかもしれない。しかし実は、僕たちは音楽番組で皆勤賞を受賞するのに値するほど、たくさんのアルバムをリリースしていた。ただ『花様年華』を通じて僕たちの存在に気付いた方々が多くなっただけだ。ファンの皆さんは僕たちが着実に成長してきたことを知っている」(SUGA)

防弾少年団は今回の活動前に目標を“大賞”だと明かしたことがある。もう防弾少年団はその目標にかなり近づいている。多数の音楽業界の関係者たちも、防弾少年団の大賞受賞を慎重に予想している。音源、アルバム、ミュージックビデオの再生回数などを総合してみると、他の人気歌手たちに負けていないからだ。

「大賞が明確な目標ではなく、漠然とした夢だ。ただ僕たちがやるべきことを頑張ってやれば、いつかは手にすることができるでしょう?『ビルボード26位にランクインしよう!』という考えでアルバムを作ったわけではないように、僕たちは僕たちの道を歩んでいけばいいと思う」(ジミン)

「以前は成績に結構執着していたが、今は頑張ればいいと思っている。以前は結果だけに集中したからストレスを受けたが、今は気楽に待って、ステージで楽しむことが大事であることに気付いた」(ジン)

成功裏にカムバック活動を終了した防弾少年団は、今月12日〜13日にソウル九老(クロ) 区高尺洞(コチョクドン) 高尺スカイドームでグローバル公式ファンクラブ「A.R.M.Y」の3期ファンミーティング「BTS 3RD MUSTER ARMY.ZIP+」を開催する。