写真提供:マイナビニュース

写真拡大

タレンティオとKUFUは11月8日、業務提携契約の締結を発表した。Talentio上から内定者が出た旨や、履歴書・職務経歴書などを含む個人情報を、SmartHRにワンクリックで送信するAPI連携を同日よりリリースする。

Talentioは、AIを用いてより良い採用活動を提案・効率化するクラウド型採用管理システム。候補者の一元管理、選考フローの設計に加えて、応募ページの作成もできる。

SmartHRは、企業が行う社会保険・雇用保険の手続きの自動化するクラウド労務ソフト。従業員情報を入力するだけで必要書類を自動作成して、総務省が提供するe-Gov APIと連携し、Web上から役所への申請が行える。また、マイナンバーの収集・管理や、Web給与明細、年末調整の書類作成機能も搭載している。

これまでの課題として、従業員が入社する際に、採用担当者と労務担当者間の課題として、内定者の入社日や入社に必要な情報が伝わっておらず、労務担当者は、入社当日に慌てて社会保険や雇用保険などの入社手続きにあたるといったケースが多くあったという。

今回の連携により、企業の採用担当者は、Talentio上にある内定者の情報に対して「SmartHRに登録」ボタンをクリックし、SmartHRに通知を送れるようになったため、採用担当者と労務担当者の「聞いていなかった」というトラブルを未然に防げるようになった。通知を受けた労務担当者は、内定者の情報を確認することができ、従業員データとしてSmartHRに反映させることが可能となる。

また、内定者の情報を登録する際には、履歴書や職務経歴書などのファイルを添付でき、書類をスキャンしたり、ファイルをダウンロードやアップロードすることなく、情報のやりとりを行える。

今後、SmartHRの従業員データベースと、Talentioの採用プロセスの分析・検証機能を紐づける予定。これにより、長期にわたり活躍している社員はどの採用チャネル経由での入社が多いかなど、入社前と入社後の情報を横断的にデータ解析できる機能の開発を進めるという。

(山本明日美)