加賀や及川をはじめ、新たに11名のキャストが発表された/[c]2017映画「サクラダリセット」製作委員会

写真拡大

主演に野村周平と黒島結菜を迎え、河野裕による人気ミステリー小説シリーズを映画化し、2017年春に公開する『サクラダリセット 前篇』と『サクラダリセット 後篇』。本作に個性豊かな俳優たちの参加が明らかになった。

【写真を見る】野村周平ら人気若手キャストが能力者に!/[c]2017映画「サクラダリセット」製作委員会

本作の舞台は、住んでいる人の半数が特別な能力を持つ閉ざされた街、咲良田。そこに住み、過去に体験したすべての記憶を保持する能力を持つ高校生、浅井ケイ(野村)と世界を最大3日分巻き戻すリセットという能力を持つ春埼美空(黒島)が辿る運命を描く青春ミステリー。

そんなケイたちを取り巻くキャラクターを演じる新たな11名のキャスト情報が解禁。まず、咲良田の能力を管理している管理局の頂点に近い人物で、前篇の物語で鍵を握る役どころ、未来を知る能力を持った通称、魔女には加賀まりこ。管理局の対策室室長で、後篇の展開を担っていく浦地正宗役を及川光博が務める。

また、ケイや春埼が通う芦原橋高校の教師であり奉仕クラブの顧問を務め、管理局員の津島信太郎には吉沢悠、ロックをかける能力を持つ管理局の職員、加賀谷には丸山智己、嘘を見抜く能力を持つ管理局職員の索引さんには中島亜梨沙、写真の世界に入ることができる能力を持つ佐々野には大石吾朗、ケイの母親役に八木亜希子と脇を固めるのは実力派。

フレッシュな役者の起用も注目で、物体を変化させる能力を持つ管理局職員の宇川紗々音には岡本玲、能力をコピーする能力を持つ坂上央介には岩井拳士朗、リセットのおかげで事故を避けることができたケイと春埼の同級生である皆実未来には矢野優花、加賀まりこ演じる魔女の若かりし日を奥仲麻琴が、それぞれ瑞々しい演技で物語を彩る。

さらに実写映画化と合わせて、原作が角川文庫より加筆修正を加えた新装版として、現在連続7か月で刊行中。同時にTVアニメーション企画も進行しており、原作版のコミカライズ、映画版のノベライズといった周辺アイテムを内包するメディアミックス・プロジェクトとしても盛り上がりをみせている。【Movie Walker】