ジェリー・ブラッカイマー Photo by Jason LaVeris/FilmMagic

写真拡大

 故トニー・スコット監督、ウィル・スミス主演のサスペンスアクション「エネミー・オブ・アメリカ」(1998)の続編テレビシリーズが、米ABCネットワークで制作されることがわかった。米ハリウッド・レポータによれば、映画版を製作したジェリー・ブラッカイマーがテレビ版のプロデュースも手がける。

 「エネミー・オブ・アメリカ」は、ひょんなきっかけで米国家安全保障局(NSA)が関わる殺人事件の証拠を手にした弁護士(スミス)が、NSAの高官から追われることになるが、その過程で陰謀を暴こうとするサスペンスアクション。ほか、ジーン・ハックマン、ジョン・ボイト、バリー・ペッパーらが共演した。

 テレビ版は映画版の20年後が舞台の続編になり、オリジナル版のキャラクターや設定とは異なり、女性弁護士が主人公になるという。脚本を「ブラックハット」のモーガン・デイビス・フォールが手がける。キャストは未定。