7日、このほど物議を醸した男性パーソナリティーが、慈善活動を行った動画をアップしたが、「ヤラセ」だとして批判を集めている。

写真拡大

2016年11月7日、近年中国ではパフォーマンスをネットで配信するパーソナリティーが急増しており、高額収入も夢ではない「網紅(ネットの人気者)」を目指して配信内容を工夫する人が多い。このほど物議を醸した男性パーソナリティーは、慈善活動を行った動画をアップしたが、「ヤラセ」だとして批判を集めている。

中国メディアの報道によると、動画が撮られたのは四川省涼山イ族自治州の村で、先日ネットのパーソナリティーが仲間を連れだって慈善活動を行った。男性らは横に並ぶ村民に現金を配っているのだが、動画では村民の手から現金を回収する姿が映っている。

両腕に入れ墨がある男性が問題のパーソナリティーなのだが、彼は同様の慈善活動を共に行っていたかつての仲間のパーソナリティーのヤラセ行為を指摘したことでトラブルが発生。ヤラセ行為を暴露されたかつての仲間がこっそり撮影した動画を公開し男性のヤラセ行為も明らかになった。

現金を配った後に回収したことについて男性パーソナリティーは事実を認め、ファンを増やし現金化できるプレゼントを得るのが目的だったと語っている。同自治州では同様のヤラセ行為が他にも確認されており、現地警察と慈善団体は協力して捜査を進めている。(翻訳・編集/内山)