足湯で暖めるのもよいが、もっと手軽な方法が

写真拡大

【その原因、Xにあり!】(フジテレビ系)2016年11月4日放送
「冷え症で眠れない&下半身太りを解消!原因はお尻と子宮?」

寒くなってくるこの季節、「足先が冷えて寝付けない」という女性は結構多いのでは。養命酒製造の調査では、冷え症の女性の70.5%が就寝時の冷えで悩んでいるという結果も出た。

タレントの山田邦子(56)も、小学生の頃から約50年間も手足の冷えに悩まされ、冷え症が原因で睡眠にも支障が出ている。そんな長年の悩みが、短時間の簡単な対策で劇的に改善した。

なぜ手足が冷えると眠れない?

山田は寝る時、電気アンカに電気敷毛布を使い、それでも冷える時には電気掛毛布まで用意するが、ガンコな冷え症にはなかなか効かないようだ。

山田「体全体が冷えていて、特に足先。布団の中で足を握ったりさすったりしてみるが、キンキンに冷たい」

就寝中の様子を見てみると、夜中に4回も「冷たい...」と言いながら目を覚ましていた。睡眠計で睡眠の深さを計ると、理想の睡眠と比べ、起きている時間は3倍以上。熟睡している時間は半分以下だった。

手足が冷えているとなぜ寝付きが悪くなるのか。

人は寝る時、体を休ませ1日の疲れを回復するため、脳や内臓の温度を下げる。その際、主に手足の末端の血管から内部の熱を放出している。しかし手足が冷えていると、血管から熱が放出されず、脳の温度が下がらずに眠れなくなるのだ。

北里大学東洋医学総合研究所 漢方鍼灸治療センター・伊藤剛副センター長は、この症状を「冷え症不眠」と呼び、さらにその原因の多くが「お尻の凝り」にあると指摘する。

骨盤には坐骨神経が通っていて、これを覆うように「梨状筋(りじょうきん)」というインナーマッスルが付いている。脚を外側に開いたり姿勢を保ったりする筋肉だが、長時間パソコンを操作する、テレビを座ったまま見続けるなど、ずっと同じ姿勢で座っていると緊張した状態が続いて凝ってしまう。

坐骨神経には血管の太さをコントロールする交感神経が通っているが、梨状筋が固まると交感神経を刺激し、血管を縮めてしまう。すると血液の流れが悪くなって足先に熱を送れなくなる。

ソフトボールでツボを刺激

梨状筋の凝りは「弥勒菩薩(みろくぼさつ)のポーズ」でチェックできる。

(1) イスに浅めに座る。
(2) ひざの上に反対の足を乗せる。
(3) 折り曲げたひざの上にひじを乗せ、5秒間かけて押し下げる。

梨状筋が凝っていると、ひざが水平以下まで下がらなかったり、お尻に痛みや突っ張りが出たりする。

凝りをほぐすには、左右のお尻の中心にある「臀中(でんちゅう)」というツボを刺激する「お尻ボールほぐし」が効果的だ。

(1) 柔らかい場所に仰向けに寝る。
(2) 両ひざを立て、臀中にソフトボールを当てる。
(3) 反対側のお尻を浮かせてボールに体重をかけ、臀中を刺激する。

これを寝る前に左右30秒ずつ行う。痛いと感じたら凝っている証拠で、やり続けるうちに痛くなくなってくる。

ソフトボールがない場合はフェースタオル2枚をまとめて丸め、ガムテープで留めてボール状にするとよい。畳や床など、固い場所で行うのは厳禁だ。

さらに足の血流を改善させるのが「足指ポンプストレッチ」だ、

(1) イスに座り、ひざの上に反対の足を乗せる。
(2) 足の指先を覆うように手で握り、5秒間曲げる。
(3) 手をパッと離す。

これを寝る前に左右5回ずつ行う。血管を一時的に締め、パッと解放することで、血管が締まっているのを治そうとする物質が出て、血管が拡張し血流が促される。

早く改善したいと一生懸命やりすぎるとかえって悪化させるおそれがあるため、毎日コンスタントに少しずつやるのが大事だ。

「お尻ボールほぐし」「足指ポンプストレッチ」を、山田に加え、同じく冷え症不眠に悩む小島麗子さん(34)、宮川麻理子さん(46)の3人が7日間実践した。

1週間後に睡眠の深さを計測すると、3人とも起きている時間が減り、熟睡している時間は増加。特に山田は熟睡時間が1.5倍以上に増えた。