マライアは婚約解消後、ほかの男性と一緒にいるところを目撃されている/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

マライア・キャリーが、大富豪ジェームズ・パッカーとの婚約解消で原因になったとも言われている日系人バックダンサー、ブライアン・タナカとディナーデートする姿をパパラッチされている。

【写真を見る】早くもマライアに新恋人誕生!?バックダンサーのブライアン・タナカ/写真:SPLASH/アフロ

べージュのライダースジャケットにジーンズというカジュアルな服装のマライアは、鮮やかなブルーのジャケット姿で現れたイケメンダンサーのブライアンとレストラン内で合流。ぴったり寄り添うように隣同士で座って食事する姿を写真に撮られた。

ブライアンは、マライアより13歳年下の33歳で、自身を「アーティスト、振付師、ダンサー、俳優」とインスタグラムで称している。2人は何年も前からお互いを知っているようだが、マライアとジェームズの破局が報じられて以来、頻繁に一緒のところを目撃されており、ハロウィンの日にも、マライアの娘モンローと3人で「トリック・オア・トリート」に出かける姿を目撃されていた。

マライアとブライアンの親密さにジェームズは嫉妬していたと報道されており、ステージで椅子に座ったブライアンの上にマライアがまたがり、セックスを連想させるセクシーなダンスを披露した時には周囲の人々も驚いていたとTMZが伝えている。

2人のディナーデート写真を掲載した英紙デイリー・メールには「彼は彼女を利用しているんじゃない?」「マドンナもジェニファー・ロペスもバックダンサーとつきあった。そして今度はマライアか」「それよりマライア、また太りはじめたね」などの読者コメントが並んでいる。【UK在住/MIKAKO】