京王バスの空港連絡バスに「サンリオピューロランド号」が登場

写真拡大 (全3枚)

京王バス南は、サンリオエンターテイメントの協力のもと、2016年12月10日(土)から多摩地区と羽田空港を結ぶ空港連絡バスに「サンリオキャラクター」がラッピングされた「サンリオピューロランド号」の運行を開始する。ラッピングとともに、バス車内にはサンリオキャラクターが描かれたシートや床面のほか、バス停案内放送や降車ブザー音にはハローキティの声が流れる特別仕様となっている。

運行路線は南大沢駅・京王多摩センター駅・聖蹟桜ヶ丘駅〜 羽田空港の区間。運行開始日以降、ホームページ( http://www.keio-bus.com/ )にて運行時間は掲載される。1か月前から予約が可能。運賃は南大沢からが1,650円、京王多摩センター・聖蹟桜ヶ丘からが1,540円(小人半額)。運行本数は羽田空港行きが14便/日、羽田空港発が22便/日。標準所要時間は約105分〜約150分



■京王バス
■サンリオピューロランド

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・ソニービル建替前のカウントダウンイベント 「It's a Sony展」開催。ソニービルの50年を振り返る
・「ボジョレー・ヌーボー、今年も買いますか?」昨年購入者の7割が今年も購入予定。マクロミル調べ
・ヤマハ、ネイティブ米語にも対応!自然な「英語」に特化した「男声」の新型ボカロライブラリー
・「東京防災」のクリエイティブチームが制作した食べられる防災ブック「東京備食」が発売
・通勤・通学に便利!防犯・耐刃・防水多機能リュック「Bobby」を発売