公開11週目の『君の名は。』が再び1位に!/[c]2016「君の名は。」製作委員会

写真拡大

前週惜しくもV10を逃した『君の名は。』。11月5日・6日の興収ランキングで土日2日間で動員21万8000人、興収2億9700万円を記録し、見事首位に返り咲いた。

【写真を見る】小松菜奈&菅田将暉主演の『溺れるナイフ』が好調スタート!/[c]ジョージ朝倉/講談社 [c]2016「溺れるナイフ」製作委員会

『君の名は。』は累計で興収179億6900万円を突破し、現在『もののけ姫』(97、最終興収193億円)に次ぐ、歴代興収第7位となっている。ランキング上位は、前週初登場1位を飾った『デスノート Light up the NEW world』が2位、『インフェルノ』が変わらず3位と、依然好調をキープしている。

邦画の話題作が続々と公開するなか、初登場2作品がランクイン。10代の切ない恋物語を描いたジョージ朝倉の同名コミックを映画化した『溺れるナイフ』は、土日2日間で動員8万4000人、興収1億500万円をあげて4位に。小松菜奈&菅田将暉という今旬の若手2人が主演を務めることで話題を集めていた本作は、初日舞台挨拶でも約500人ものファンに熱く迎え入れられ、順調なスタートを切った。

織田裕二主演の『ボクの妻と結婚してください。』は、6位に初登場。余命6か月の主人公・三村修治が、妻に新たな再婚相手を探そうとする物語で、斬新な設定と心温まるドラマが支持されており、幅広い層の集客が期待できそうだ。

先週12位だった『HiGH&LOW THE RED RAIN』が10位に返り咲き、『映画 聲の形』がワンランク落として11位に、と入れ替わりの激しい接戦のランキングとなった。【トライワークス】