吹替版主題歌は映画の世界観を表現した新曲「Don't be Afraid」

写真拡大

日本生まれの大人気ゲームをミラ・ジョヴォヴィッチ主演で映画化し、シリーズ6作目にしてついに最終章となる『バイオハザード:ザ・ファイナル』(12月23日公開)。そんな本作の吹替版主題歌がL'Arc-en-Cielの新曲「Don't be Afraid」に決定した!

【写真を見る】最後の戦いに挑むミラ・ジョヴォヴィッチ演じるアリス

結成25周年を迎えるL'Arc-en-Cielと、今年で20周年を迎えるゲーム、バイオハザード、そして今作で最終作となる本作という記念すべき機会に、シリーズが大好きだというL'Arc-en-Cielとのコラボが実現。

バンドのボーカルで、今回作詞を手掛けたhydeは「今回コラボレーションできて、すごく嬉しいです。メンバーもゾンビ大好きですから。『バイオハザード』ですごく象徴的な瞬間というのは、中に絶対アイツらがいるってわかっているのにドアを開けないと進めないという、その展開。その展開と人生って、どこか通じる部分があると思うんです」

「『どうしてもこれやらないと前に進まないんだよな』っていうその気持ちを自分と照らし合わせて、勇気を振り絞って恐怖に打ち勝つっていう部分をイメージして歌詞を書きました。あと、『Don't be Afraid』は発音的に、『ゾンビーアフレイド』に近いなと。ちょっとダジャレ入ってます」

「僕らのファンも映画を観に行くかもしれないし、そこで初めて聴く人もいるかもしれないですけど、そこでなにか、お互いの相乗効果があるといいと思いますね。L'Arc-en-Ciel のファンは『バイオハザード』を好きになって、『バイオハザード』のファンはL'Arc-en-Cielを好きになって、ということが少しでも起これば嬉しいです」と楽曲に込めた思いを語った。

作曲を手掛けたベース担当のtetsuyaは、「今回の映画はついに最終作ということで、『バイオハザード』の映画のイメージを頭の中に描きつつ、僕なりの解釈で、あんまりザクザクしたギターで激しめのものでいくよりも、クリーンなアルペジオでちょっと悲しい感じのほうがいいかなと思って作りました。悲しみとか、怒りとか、無念な気持ちとか、僕の中でもテーマになりました」と彼自身の解釈をもって本シリーズの世界観を音で表現しているようだ。

本作はモデルやタレントとして活躍するローラが出演し、ハリウッドデビューを飾っていることも話題になっており、日本からもシリーズの締めくくりに相応しい豪華なメンバーが華を添えている。【Movie Walker】