画像

写真拡大

 アクセンチュアとSAPは、小売企業向けに次世代版ERP「SAP S/4HANA」を機能拡張する取り組みを開始。同取り組みを通じて、小売企業のオムニチャネル対応・製販垂直統合を促進していく狙いだ。

 アクセンチュアとSAPは、小売企業向けに次世代版ERP「SAP S/4HANA」を機能拡張する取り組みを開始した。

 両社は、SAP S/4HANAをベースにクラウドやモバイル、アナリティクスなどのデジタル技術を活用した業界固有のソリューションを市場に投入していくことを2016年1月に発表。同取り組みはその一環として、小売企業の迅速なデジタル変革を支援するもの。

 両社は今後、SAP S/4HANAの技術力、クラウドサービスの柔軟性に加えて、アクセンチュアが持つ小売業界に関する豊富な知見を活かした開発を進めていく。これにより小売企業は、ECサイトや実店舗などの販売チャネルに関わらず商品の在庫水準を簡単かつ効果的に管理できるオムニチャネルソリューションを構築できる。

MarkeZine編集部[著]