Doctors Me(ドクターズミー)- 生理前のイライラは治せる? 知っておきたいPMSと対処法

写真拡大

生理前には無性にイライラする…何もやる気がおきない…肌荒れがひどい…。このような生理前に起こるさまざまな不快症状。

それはPMS(月経前症候群)かもしれません。実に女性の9割以上が経験するとも言われている生理前の不快症状。

今回はこのPMSについてまとめます。

要チェック項目


□月経前に感じる心と身体のさまざまな不調のことをPMS(月経前症候群)という
□PMSが起こる原因は、女性ホルモンの急激な変化
□PMSには生活の改善や薬を使用することなどで対処が可能

生理前のイライラの正体は? PMSについて

PMS(月経前症候群)とは


生理前は多くの女性が何らかの不快症状を感じていると言われています。無性にイライラしたり、憂鬱になったり、胸が張って痛んだり、体重が増加したり…。

その症状は人によってさまざまですし、重さもそれぞれ違います。このような月経前に感じる心と身体のさまざまな不調のことをPMS(Premenstrual Syndrome)「月経前症候群」と呼びます。

精神的不調の例


・イライラ
・情緒不安定
・怒りっぽくなる
・憂鬱になる
・集中できない
・ぼーっとしてしまう
・涙もろくなる
・落ち着かない

身体的不調の例


・肌荒れやニキビ
・体重増加
・のぼせ
・むくみ
・眠気が強い
・疲れやすい、だるい
・頭痛
・腰痛

PMSの症状は実に200種類以上もあると言われていますから、その個人差と多様性が伺えます。

このように身体的な症状から精神的なものまで多種多様な症状ですが、実はほとんどの人はPMSに対処はしていない、というのが現状のようです。

確かに生理が始まったり、終わったりする頃には症状がなくなりますので、少しの間の辛抱…となりがちです。しかし、しっかり対処することでPMSの症状は減らせると言われています。

生理前のイライラが起こる原因と期間

ではなぜそのようなPMSが起こるのでしょうか。

PMSが起こる原因は女性ホルモンの影響だと言われています。

排卵後に分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)の急激な変化が、さまざまな症状を引き起こすしている原因だと考えられているのです。

このため、排卵後から生理が始まるまでの約2週間が、PMSが起きる期間と言われています。

生理前のイライラへの対処法


PMSに対処するにはどうすればいいのでしょうか。

女性ホルモンの影響なら仕方ない…と考えてしまいそうですが、ライフスタイルを整えることでPMSと上手に付き合っていけると言われています。

乱れた生活は身体の不調だけでなく、ホルモンバランスにも影響しています。具体的なポイントは以下を参考にしてください。

バランスの良い食事


偏った食生活はPMSを悪化させる原因ともなります。お酒の飲み過ぎやカフェインなどの摂りすぎは良くありません。

イライラを抑えるには、カルシウムやマグネシウムを含む食品を摂ったり、大豆イソフラボンを含む豆製品などを摂るのがおすすめです。

禁煙


タバコは血行を悪化させる作用があります。するとホルモンバランスを崩すことにもなります。

運動


無理はよくありませんが、有酸素運動はPMSの症状を軽減する効果があると言われています。散歩や軽い運動などを普段から生活にとりいれるのがいいでしょう。

もちろん、PMSの症状がとてもつらい場合などは婦人科などを受診するのが一番です。症状に合わせた薬を処方してくれる場合もあります。

生理前のイライラに効く薬


生活を見直すことでの対処もできますが、PMSに効果のある薬もあります。医師に処方してもらう場合もありますし、市販されているものもあります。

PMS治療薬など市販薬


市販されているもののうち、PMSに特化した薬や、生理の諸症状に効くものなどがあります

漢方薬


身体や症状にあわせて、いくつかある種類の中から処方されることが多いです。

低用量ピル


ピルは避妊薬としてだけではなく、PMS症状の改善のために処方されることもあります。

これらは医師の処方が必要なものもありますし、基本的には医師や薬剤師に相談してから使用するのがいでしょう。

生理前のイライラがPMSではない場合も…

PMSだと思っていた症状が生理が始まった後でも続く場合などには別の可能性も考えられます。

うつ病


PMSと間違われやすい病気です。症状が生理前で悪化することも。この場合には心療内科や精神科など専門の医師に相談しましょう。

月経困難症


月経がはじまる前から強い痛みが腹部や腰にある場合、またそれが月経中も続く場合には月経困難症が考えられます。月経が終わると症状がなくなります。

月経前不快気分障害


生理の前だけにイライラや情緒不安定などの症状が現れますが、その度合いがひどい場合があります。PMSと違い、精神状態がうつ病のようにひどい状態を呈します。

ですがPMSと間違われることもあり、なかなか認知されにくいようです。うつ病を引き起こす可能性もありますので、婦人科よりは精神科などを受診するのがいいでしょう。

更年期障害


こちらもPMSと似たような症状を起こします。多くは45歳頃〜55歳頃の女性に見られます。

PMSは症状が多種多様ですので、別の病気が隠れていた、ということも起こりえます。生理の前だけだから…と軽く見ずに、何かおかしいと思ったら病院を受診するようにしましょう。

生理前のイライラは対処できます

生理前だからしょうがない…と諦めていたイライラや不快症状について対処法などをまとめました。いかがだったでしょうか?

しっかり対処することによって、症状の軽減もできますし、上手く付き合っていくことも可能です。

月経は女性にとってなくてはならないものでもありますし、自分の身体と気持ちを上手にコントロールできるのが理想ですね。

(監修:Doctors Me 医師)