ギズモード・ジャパンより転載:喫煙が肺に悪影響を与えることはすでに知られていますが、最新の研究によって臓器ガンにおけるDNA変異に対してどの程度喫煙が影響しているか、具体的な数字が明らかになりました。

この研究は、アメリカのロスアラモス国立研究所や日本の国立がん研究センター研究所など、国際共同研究グループによってScienceで発表されました。研究グループは、1000人の非喫煙者と2500人の喫煙者を対象に、腫瘍組織のDNAを比較することで、さまざまな臓器ガンにおけるDNA変異数の解析を行ないました。

以下の画像は、ロスアラモス国立研究所が研究結果をインフォグラフィックでまとめたものです。

161108gizmodo_mediagene.jpg


1年間毎日1箱(20本)のタバコを吸ったとして、各臓器に対するDNA変異数は、肺の場合150個、喉頭の場合97個、咽頭の場合39個、肝臓の場合6個、口腔の場合23個、膀胱の場合18個となっています。つまり肺では約49本の喫煙につき1つのDNA変異が起こります。

DNA変異が必ずしもガンを発生させるとは限りませんが、ガンの発生リスクが上がるのは確かです。科学雑誌New Scientistは、この研究について次のように説明しています。

理論的には、DNA変異にはガンを引き起こすような遺伝子損傷のトリガーとなる可能性があります。しかし、喫煙に関連したDNA損傷がどのくらいの確率でガンを引き起こすのか、どのタイプの変異が悪性になりやすいのかは解明できていません。

研究グループは、喫煙によるDNA変異がガンを引き起こす可能性について、引き続き研究を行なっていく予定です。

喫煙が身体に悪影響を与えていることは明らかです。タバコを吸うときには、身体にどのような変化が起きているのか、考えたほうがよいのかもしれません。


source: Science via The New Scientist

Christina Warren - Gizmodo US[原文]

(tmyk)
Photo by shutterstock.