国際ジャーナリストの落合信彦氏

写真拡大 (全2枚)

 世界中を飛び回り、取材し続けてきた国際ジャーナリストの父・落合信彦氏と、最先端の研究者として世界から注目されているメディアアーティストの息子・落合陽一氏。

 29歳の若さにして筑波大学助教を務める息子は、父に勧められ、幼い頃よりニーチェからカミュ、キルケゴールまで哲学や文学、歴史の古典に親しみ育った。そして、父とは畑違いの分野で世界的な才能を発揮している。父は、常に世界の現場からリアルな人々の姿、リアルな国の姿をレポートし続け、その著作は最新刊『そして、アメリカは消える』に至るまで130冊以上に及ぶ。

 この2人の目に、未来はどう映っているのか。史上初の親子対談──。

〈2人の話題は、直近に迫っていたアメリカ大統領選と、アメリカが抱える問題から始まった〉

落合信彦:この9月にアメリカで大統領選について取材してきたばかりだけど、ホームレスが増えていて、格差が拡大していた。オバマ政権の8年間で、かなり格差問題が広がったと言える。

落合陽一:僕も最近、出張でアメリカに行く機会が多いんだけど、確かに格差がものすごく広がっていると感じる。

 例えばシリコンバレーがあるサンフランシスコやボストンは高学歴の勝者が集まる街になっていて、景気がいい。サンフランシスコは、安全な地区に住もうとするとワンルームの家賃が月3000ドル(約30万円)もする。1年間の生活に必要な賃金が1000万円と言われていて、普通の人には住めない。上流階級の人ばかりが集まっている。一方で、それ以外の街を見ると庶民の生活は全然よくなっていない。

信彦:もともとアメリカには中産階級が80%以上もいたんだ。それが今では、30%ほどに落ち込んでいる。

陽一:お父さんは(最新刊の)『そして、アメリカは消える』の中で、ドナルド・トランプとヒラリー・クリントンの戦いを「絶望の大統領選」と言っていて、「アメリカはこの50年、劣化し続けてきた」と指摘しているよね。でも、「劣化」はアメリカに限ったことじゃない。僕は、その意味ではイギリスも劣化しているし世界中が劣化していると思う。

信彦:イギリスはEUから離脱する選択をした。それでポンドは大きく下落して、国が混乱した。アメリカはオバマが「世界の警察官」の役割を放棄して、中国やロシアが好き勝手なことを続けている。世界中が劣化して「ジャングル化」してしまったんだ。

陽一:ただ、経済的な面からは、アメリカは「劣化」していなくて成長し続けているとも言えるんじゃない?

信彦:経済と民度は違う。ウォール・ストリートはカネのことばかりを考えている。ヒラリーはウォール・ストリート向けの講演会を開いて、1回2000万円も3000万円も講演料を受け取っている。

 経済は成長しているけれど、反面、カネの亡者がアメリカを支配してしまったんだ。ヒラリーやトランプだけではなくて、アメリカの政治家がみんなカネ、カネ、カネになっている。心あるアメリカ人たちは皆、トランプにもヒラリーにも投票したくないし、もう政治には期待できないと言っていた。

陽一:アメリカの格差拡大は、移民の流入が増えて、多民族国家化が急激に進んでいることも大きいと思う。

 以前の「強かったアメリカ」は、多民族ではあったけれども上部構造が基本的には白人社会だった。もちろん功罪はあるけども、その上で「ケネディ」とか「レーガン」といった、国を象徴するようなリーダーがいたよね。それが、多くの移民が入って国の“オーラ”が変わったように見える。

信彦:オバマは多くの移民を入れて、彼らに多額の税金をバラ撒いた。それによって中産階級が没落した。オバマの罪は大きい。

陽一:『そして、アメリカは消える』では50〜60年かけてアメリカが劣化してきたと書かれているけれど、僕は、アメリカに限らず世界の劣化は「インターネットの登場」の影響が大きいと思う。

 例えば日本でも、1980年代や1990年代はもっとアメリカ大統領選のニュースや難民問題などが報じられて、多くの人々がそれについて考えていたはずだよね。でも今は、そんなことはない。大統領選について報じられるとしても、トランプなら「女性問題」だし、ヒラリーなら「メール問題」。“スキャンダルトーク”ばかりになっている。

信彦:子供の口ゲンカのような大統領候補者討論会も、面白おかしく取り上げられるばかりだったな。それをワイドショーのように楽しんでいるんだから、国民のレベルも劣化してしまった。

 テレビは芸能人の不倫とか、誰と誰が付き合っているとか、そんなことばかり垂れ流している。メディアが国民を劣化させているとも言える。

 そもそも、新聞社やテレビ局の社長や政治部長が、安倍と頻繁に会食していることからしておかしいだろう。アメリカなら絶対に許されない。日本の新聞社やテレビ局はそうやって政権に飼い馴らされることを喜んでいる。そんなメディアに、政治を監視することができるわけがないんだ。

陽一:僕は、インターネットの登場であらゆるものがポピュリズムに支配されるようになったと思う。大衆からのフィードバックがすぐ返ってくるようになって、目の前の数字や人気ばかりを追うようになった。

 極端に言えば、みんなiPhoneの新製品やグーグルの新サービスのほうに興味を持って行かれて、政治は完全に対岸の火事。ネットで流れているニュースを見ると、そんなのばっかり。iPhoneは触れるけど政治は触れないから。それがポピュリズムの結果じゃないかな。

 お父さんの本で書かれているみたいに、「アメリカの未来はどうなるのか」「世界はどうなっていくのか」ということを本気で考えるような報道も風潮もなくなった。でも僕は、それは劣化じゃなくて人類の「適応」と言えると思うんだよね。

※SAPIO2016年12月号