春日山親方辞任勧告の背景に何がある?

写真拡大

 11月13日に初日を迎える大相撲九州場所は、先場所で初優勝を果たした大関・豪栄道の綱取り、横綱・白鵬の通算1000勝など話題が多い。だが、角界関係者が注目するのは、土俵外のきな臭い動きだという。

 九州場所を直前にして、相撲協会の公式HPから「春日山部屋」の名前が消えた。番付発表に先立つ10月19日、春日山親方(元幕内・雍咫砲相撲協会からの辞任勧告を受諾したと発表され、部屋が消滅したのである。

 騒動の発端は2012年の協会理事選まで遡る。理事に選出された先代春日山親方(元幕内・春日富士)は、部屋運営との両立は困難だとして、同じ一門の追手風部屋にいた雍咾妨縮魄退させ春日山親方として部屋を継承、自分は部屋付きの雷親方に収まった。

「ところが同年9月、先代に協会女性職員との不倫と不正経理問題が発覚。先代は年寄名跡証書を手元に置いたまま協会を退職し、春日山親方は証書を担保に取られたかたちで先代に家賃を支払いながら部屋運営をしていました」(協会関係者)

 翌年10月には先代が「家賃滞納」を理由に部屋からの立ち退きを求めて提訴。その翌月、今度は春日山親方が名跡証書の返還を求めて横浜地裁に訴状を提出し、泥仕合に発展したのだ。

 今年8月の地裁判決は、春日山親方に証書の対価として1億7160万円を先代に支払うよう命じるものだった(滞納訴訟は和解)。この判決を受け、協会は「部屋の師匠として不適格」として辞任勧告を通達した。

「とはいえ、春日山親方は地裁の判決を不服として東京高裁に控訴しています。なぜ8月の地裁判決を受けて、11月場所前のタイミングでの処分なのかが不可解です」(担当記者)

◆「1票」の奪い合い

 春日山部屋にいた23人の弟子のうち12人は部屋を移ることを嫌って引退届を提出(現在は協会預かり)。残った11人は追手風部屋の「預かり」となった。

 ところが、福岡市西区にある追手風部屋の稽古場にはこの11人の姿がない。春日山部屋は毎年、佐賀県にある佐嘉神社を宿舎にしてきた。急な処分で受け入れ準備が整わず、「預かり」力士たちは今場所も、こちらで汗を流している。

「協会は春日山親方のことを無免許運転と表現していますが、係争中ですから仮免状態というべきでしょう。判決が確定し、支払えない場合に初めて、協会から出ていくことになります」(前出・担当記者)

 何より、4年前に先代春日山が退職して以降、協会は証書なしの部屋運営を黙認してきた。にもかかわらず突然、処分した背景には、「八角理事長vs貴乃花一門」の暗闘があるとされる。

「春日山親方の“仮免運営”を黙認してきたのは北の湖前理事長ですが、その右腕として協会を仕切っていた『K顧問』の判断が大きかった」(若手親方の一人)

 K顧問とは本誌・週刊ポストが報じた「パチンコ裏金問題(※注)」で、代理店から500万円の裏金を受け取った人物だ。

【※注/力士が実際の四股名で登場する協会公認のパチンコ台契約を巡り、代理店がK氏に500万円の裏金を渡す現場の動画を本誌が報じた(2014年1月24日号ほか)。K氏は「金は返した」と説明し、協会は処分をしなかった(代理店側は返還を否定)】

「K顧問は部屋運営を黙認する代わりに、理事改選の際に春日山親方の1票を動かせるようにしていたといわれています」(同前)

 状況が変わったのは北の湖理事長が昨年11月に急逝してからだ。理事長代行となった八角親方は昨年12月に理事長に昇格。今年3月の理事長選では、協会改革を目指して立候補した貴乃花親方と一騎打ちとなった。

「八角理事長は北の湖体制で協会運営を仕切っていたK顧問の追放に動き、K顧問は貴乃花サイドについた。

 そうしたなかでK顧問は春日山親方に、『名跡証書の再発行』を密約して貴乃花サイドに協力するよう求め、春日山親方は貴乃花グループの理事候補に投票、自身が所属する伊勢ケ浜一門から立候補した反貴乃花の親方の落選に一役買ったとされています」(同前)

 ところが、理事長選では貴乃花が惨敗。八角体制はより強固になった。そこで、従来の一門を横断して勢力を広げる貴乃花グループの分断工作として「春日山辞任勧告」が動き出したとみられているのだ。

「北の湖前理事長の後ろ盾を失った後、K顧問は協会と労働契約を巡って係争中。八角理事長にしてみれば煙たい存在。今回の春日山親方に対する処分は、貴乃花グループとK顧問から春日山の1票を奪おうという動きでしょう」(部屋関係者)

◆一門の“統合再編案”も

 地裁が認定した春日山の年寄名跡価格1億7160万円は、バブル時代の判例に則ったもの。控訴審で時代に即した額に落ち着けば、春日山親方が証書を入手する際に貴乃花一門が資金援助に動くとみられている。

「その芽を事前に摘んでおきたい、というのが八角理事長の本当の思惑ではないか」(別の協会関係者)

 処分に先立つ10月2日、川崎大師で北の湖前理事長の一周忌法要が行なわれた。

「参列したのは貴乃花一門を中心とした18人の親方衆で、北の湖の出身の出羽海一門からは玉ノ井(元大関・栃東)や木瀬(元幕内・肥後ノ海)など貴乃花を慕う若手が姿を見せた。理事長ほか協会幹部の顔がない中、K元顧問までいたのには驚きました」(後援会関係者)

 この席で話題になったのは、“北の湖の遺志を継げるのは貴乃花親方しかいない”という話だったという。

「2018年1月に行なわれる次期理事選に向け、貴乃花一門と出羽海一門を統合再編して多数派工作していく構想まであるといいます。K元顧問が絡んでいるとなると現実味はある」(同前)

 これに危機感を募らせた八角理事長側が牽制として動いたのが、今回の「春日山部屋消滅」事件の真相か。協会にこの時期の処分となった理由などを尋ねたが回答はなく、渦中の春日山親方を直撃しようと九州場所の追手風部屋宿舎、稽古場を訪れるも、本人の姿は確認できなかった。

※週刊ポスト2016年11月18日号