米消費者が最も「関連性」感じるブランド、1位は今年もアップル

写真拡大

ブランド戦略を専門とするコンサルティング会社、米プロフェット(Prophet)は11月1日、最新版の「プロフェット・ブランド・レレバンス・インデックス(Prophet Brand Relevance Index、BRI)」を発表した。

「レレバンス(Relevance)」は消費者が「自分に合っている、関連性を感じる」かどうかを問う基準。ブランドの長期的な成功を決定付ける最大の要因だ。調査では米国の27業種に携わる300社以上を対象に、消費者1万5,000人に「なければ生活できないと思う」ブランドを挙げてもらった。

今回のBRIランキングで1位となったのはアップル。前回に続き、2度目の首位となった。上位にランクインした各社について、特に興味深いと考えられる点は、次のようなものだ。

・米国民が最も「関連性」感じるのはアップル

アップルはプロフェットがランキングを決定する際の4つの基準、「消費者を夢中にさせる」「実用性がある」「インスピレーションを与える」「革新的」のうち3項目において、最高点を獲得した。

・アマゾンを2位に押し上げた「厳格な実用主義」

アマゾンは「実用性」の項目で1位だった。「必要な時にいつでもどこでも利用できる」点が高く評価されている。ただし、消費者との感情的なつながりという点でアップルに及ばず、首位を奪うには至らなかった。

・グーグルが55位から5位に急上昇

消費者の信頼感を大幅に高めたグーグルは、「消費者を夢中にさせる」「実用性がある」の項目で高評価を獲得。大きく順位を上げた。

グーグルは今年、いくつかの新サービスを導入。その結果として、信頼感を損ねる原因になっていた可能性があるプライバシーやデータに関する懸念への関心が薄らいだといえる。

・上位6社はすべてテクノロジー関連

アマゾン、グーグル、ネットフリックスなどの企業は、シンプルで直感的、かつ価値ある経験を消費者に提供。「デジタル・ファースト」ではない企業を抑えて上位に入っている。

一方、ナイキや化粧品のセフォラなど、従来はテクノロジー関連ではないと考えられてきた企業の中にも、消費者とのつながりを深めるような経験を提供するテクノロジーを導入したことで、「関連性」を高めたものがある。

・ミレニアル世代にはアマゾンが1位

アマゾンは全体では2位だったが、調査対象の消費者をミレニアル世代に限定すると、その順位はトップとなる。この世代は電子機器からシャンプーまであらゆる商品の購入において、「ワンクリック注文」での買い物やプライム会員の特典を余すことなく活用している。さらに、アマゾンがストリーミングサービスを充実させる中、この世代はエンターテインメントでも、同社サービスをより多く利用するようになっている。

・ソーシャルメディア・プラットフォームの1位はピンタレスト

ピンタレスト(Pinterest)は前回の53位から8位に急浮上した。ピンタレストやユーチューブ、インスタグラムのようにビジュアルコンテンツに特化したプラットフォームは、全体として従来主導的な立場にあったフェイスブックやツイッターに勝る評価を得た。今回の調査では、フェイスブックとツイッターはいずれも100位までに入らなかった。

・最も大きく順位を上げたのはFitBit(230位から29位)

心拍計や心を落ち着かせる時間を持つための「ガイド付き呼吸セッション」機能などが追加されたフィットビット(Fitbit)は、消費者にとってはもはや単なる活動量計ではない。フィットビットに対する認知が高まり、利用者が増加するにつれて、消費者の日常生活において最も「関連性」の高いブランドの一つになってきている。

BRIランキング

2016年版 BRIの20位までに入ったブランドは、以下のとおり。

1位 アップル
2位 アマゾン
3位 アンドロイド
4位 ネットフリックス
5位 グーグル
6位 サムスン
7位 ナイキ
8位 ピンタレスト
9位 ピクサー
10位 セフォラ
11位 パンドラ
12位 プレイステーション
13位 ディズニー
14位 ソニー
15位 キッチンエイド
16位 マイクロソフト
17位 レゴ
18位 インテル
19位 ダヴ
20位 ユーチューブ