ブラッド・ピット、映画宣伝活動をすべて中止

写真拡大

ブラッド・ピットが、アンジェリーナ・ジョリーとの破局をうけて、新作映画の宣伝活動を全てキャンセルしたようだ。

来年2月日本公開予定となっている「マリアンヌ」の中で、マックス・ヴァタンを演じているブラッドだが、自身のアンジェリーナとの離婚問題が取り沙汰されているため、インタビューや記者会見、トークショーなどへの出演を断っていると報じられている。

ある関係者は英紙ザ・サンに次のように語っている。

「ブラッドのアカデミー賞獲得に向けて大規模なキャンペーンが始まる予定だったのですが、すでに彼への議論が多すぎて公の場に姿を表わすことがリスクになりかねません。両者共に否定していますが、共演者のマリオン・コティヤールとの浮気の噂があったことも状況に拍車をかけています」
「トーク番組を抱える多くの放送局がブラッドを予約していましたから、この事にがっかりしていて、記者たちのインタビューもなくなってしまいました。さらに彼らはこの映画のほかの関係者たちにもブラッドの私生活ついて聞かないように指示されています」
「ロサンゼルスでレッドカーペットを歩くことすらブラッドのチームは懸念しているようです。もちろん映画の宣伝活動を行うことが大切なことは分かっていますが、ブラッドは現在危機的状況にいるため、おとなしくしておきたいというのが現在の戦略なんです。もしブラッドが姿を現したとしても、メディアに対して言葉を発することはないでしょうし、裏口から入ってくるでしょうね」

現在アンジェリーナとブラッドは6人の子供たちの親権争いを繰り広げており、単独親権を希望するアンジェリーナに対してブラッドは共同親権を求めている。