ツタヤ図書館の追加蔵書の新刊部分をジャンル別に分類したもの

写真拡大

 3月21日に、全国で3番目となる「ツタヤ図書館」として、宮城県多賀城市にリニューアルオープンした多賀城市立図書館。当サイトでは5月以降、同館が大量の中古本を購入している異様な選書実態を報じてきたが、新刊購入においても問題が次々と発覚している。

 今回は、そもそも多賀城市から図書館の管理を委託されたカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が、どのような意図のもとに選書して、図書を購入しようとしていたのかを詳しくみていきたい。

 下の図は、2015年度中に多賀城市立図書館が今年3月のリニューアルオープンに向けて選書した追加蔵書の新刊部分を、ジャンル別に分類したものである。

 新刊で最も多く選書しているのは意外にも「人文」で、トータル2414冊。新刊書籍選書合計1万9250冊のうち12.5%を占める。ちなみに、ここでいう「人文」とは、CCC独自の「ライフスタイル分類」による分類に基づき、思想、哲学、宗教、民族学などの文科系の学術的な分野を含む。

 第2位が「児童書」の2360冊(12.3%)、第3位が「アート」で2332冊(12.1%)と続く。この3ジャンルだけで全体の4割近くを占めている。

 本連載過去記事で詳しく紹介しているが、CCCが選書した中古本では「料理」「美容・健康」「旅行」がトップ3で、生活・実用書ジャンルの書籍が圧倒的に多かった。それと比べると新刊分は、一般的な図書館の蔵書に近い。

 しかし、「経済」62冊、「産業」65冊、「法律」69冊と、実務書がいずれも極端に少なく、やはり偏った選書となっていることがわかる。

●新刊本、中古本購入の不可解な実態

 また、新刊の選書リスト全体像から、「人文」「児童書」「アート」こそ、中古で購入すべきではないかという意見もある。なぜなら、これらのジャンルは生活・実用書ほど頻繁に内容が変遷しない。「児童書」も、一度刊行されたら大きな改訂がないまま5年、10年と同じ内容の本が流通していることも珍しくない。

 多賀城市教育委員会は、「限られた予算の中でより多くの資料を整備することから、(略)中古本による購入も含めて整備する」という選定基準を示している(「多賀城市立図書館資料購入(移転準備作業)選定方針」)。その方針に沿えば、「人文」「アート」「児童書」を中古で安く買うことができたのではないかとの見方は、至極もっともだ。

 逆に、「鮮度が命」ともいえる生活・実用書は、むしろ中古ではなく新刊で揃えるべき類いだ。刊行から何年も経過していれば、時代に合わない情報が掲載されていることも多く、利用者のニーズに合わない。その上、購入してから短期間で除籍・廃棄しなければならなくなるため、コストパフォーマンスは悪い。

 だが、CCCは「人文」「児童書」「アート」を新刊本で大量に購入し、実用書は中古本での購入が多かった。これは、単に入手しやすさを最優先したと考えられる。CCCは、まず中古本を大量に購入し、その後に新刊本で補うような手順を踏んでいる。

 すぐに情報が古くなる生活・実用書は中古本市場において流通量が多く、比較的短期間で大量の本を調達しやすい。逆に「人文」等は限られた在庫しかない。特に中古の「児童書」は、図書館で購入できるほど状態がいい本は極端に少ないという事情がある。

●「アート」異常な大量購入の謎

 さらに、もうひとつ不可解なのは、「アート」が第3位に入るほど大量に購入されていることだ。

 15年4月10日付の「多賀城市立図書館資料購入(移転準備作業)選定方針」において、重点的に選定すべき資料として挙げられているのは、「料理」「旅行」「実用書」「児童書」「歴史・郷土」の5分野である。

 重点的に選定する資料ではないにもかかわらず、CCC独自の判断によって新刊で大量に選書されている理由を検討してみよう。

 まず、「アート」というジャンル分けの曖昧さが挙げられる。一般的に「アート」といえば、絵画・彫刻をはじめとした美術関係の画集・解説書や、クラシック音楽、写真集、前衛的なデザインなどをイメージするが、「ライフスタイル分類」では必ずしもそれらだけではない。

 映画、演劇、音楽、美術について書かれたものであれば、ほぼ無条件で「アート」に分類されている。伝統芸能、工芸、デザイン、芸術家の人物伝などもすべて含むのだ。したがって、エッセーやビジネス戦記などでも「アート」として分類されていることがある。

 たとえば、自伝的経営書の『ゴジラで負けてスパイダーマンで勝つ わがソニー・ピクチャーズ再生記』(野副正行/新潮社)は、映画について書かれているため「アート」に分類されている。また、俳優・小沢昭一の自伝的講演録『小沢昭一 僕のハーモニカ昭和史』(小沢昭一/朝日新聞出版)も、音楽について書かれているから、やはり「アート」とされている。

 こうしたCCC独自の分類によって、雑多な本が幅広く「アート」の対象となっているのだ。

 これとは対照的に、市教委が重点的に選定する分野に指定している「歴史・郷土」が、たった1018冊しかない。新刊リストのうち5.3%である。中古本での選書を調べてみても、213冊(中古全体の1.6%)しかない。中古本・新刊本を合わせた場合は全体の3.8%だ。市が重点指定していない「アート」を大量選書する一方、重点指定した「歴史・郷土」が少ないのだ。

 選定基準のなかで、「郷土・歴史コーナーは、史都多賀城として強化すべきコーナーのひとつ」として、多賀城に関連した郷土資料、東日本大震災を後世に伝えるための記録資料等を強調して列挙されている。それにもかかわらず、少なくとも冊数だけみれば、先に挙げられている市教委の方針にはそぐわない。

 だが、市教委に問い合わせたところ、特に問題はないとの認識だ。

「郷土・資料については、選書基準から逸脱するほど少ないという認識はない。CCCと協議して、両者合意のもとで選書された図書を購入しているので、それで特に支障はなかった」(多賀城市教委・生涯学習課)

 自治体直営の図書館長を長年務め、いくつもの図書館立ち上げを手掛けてきた経験を持つ「東京の図書館をもっとよくする会」代表の大澤正雄氏は、今回の選書リストを見た感想をこう述べる。

「今回のリストには、全般的に調査研究のための図書が少ないように思います。ある特定のテーマについて調べるとき、それに関する書籍と共に、解説書が必要です。基本図書は、優れた解説書がなければ生きません。たとえば、経済学では、ケインズ経済学、サムエルソン経済学などの基本図書と、さらに解説書を揃えるといった具合です。そのためには、出版社別にリストを取り寄せて、さらに利用者のニーズを考えながら、どの解説書がいいのかを調べることも重要です」

 そもそもCCCに対して、公共図書館として本来の機能の充実を望むのは最初から無理があったのかもしれない。
(文=日向咲嗣/ジャーナリスト)