スリムさが魅力。「E-PRANCE 手挽きコーヒーミル」で、毎日挽きたてを

写真拡大 (全4枚)

兄弟メディアのライフハッカー[日本版]より転載:コーヒーは挽きたて淹れたてが一番おいしいのは言うまでもありませんが、コーヒー豆を挽く「ミル」は意外に場所をとるキッチンツールの一つです。また、電動のコーヒーミルはモーター音が気になり、集合住宅では使いにくいもの。 「E-PRANCE 手挽きコーヒーミル」のように、スリム型のコーヒーミルであれば、狭いキッチンで場所を取らず、手動でも1杯分のコーヒー豆(約10g)なら1〜2分程度で挽くことができます。 「手挽きコーヒーミル」は直径約5cmと、狭いキッチンにも置けるスリム型のコーヒーミルです。ハンドル部分は取り外せるので、掃除用ブラシと一緒に脇に置いていても、カップ2つ分程度の隙間があれば食器棚で保管できます。 本体はステンレス製で重さ約260gという軽量タイプですので、アウトドアでもコンパクトに持ち運びできそうです。上蓋を開けてコーヒー豆をセットし、ハンドルを取り付けます。2杯分(約25g)程度であれば、お湯を沸かしている間に挽き終わります。挽いた豆は下のケースに溜まり、外側から見える構造です。 実際に豆を挽く「臼」の部分はセラミック製で、豆を一定の細かさに挽ける点が魅力です。また、臼本体はサビる心配もなく、付属ブラシでの掃除の他、水洗いも可能。なによりセラミックは長持ちするという点において、毎日使うコーヒーミルには最適な素材といえます。 臼の下部にあるネジの開閉により、豆の挽き具合を調整できます。いつものドリップには「中挽き」、プレス式のコーヒーメーカーには「粗挽き」、エスプレッソ用には「細挽き」と、一杯ずつ挽き方を変えられるので、コーヒーの淹れ方にも楽しみが増えそうです。 コーヒーの美味しさは「抽出方法に適した豆の挽き具合で決まる」と言っても良いほどです。場所も取らず、手軽な価格帯のコーヒーミルで、まずは「挽きたての味」を楽しんでみませんか?
E-PRANCE® 手挽きコーヒーミル セラミック ステンレス コーヒーミル手動

1,380円

E-PRANCE[Amazon]text by 藤加祐子