バルザーリが左肩脱臼で約2カ月の離脱

写真拡大

▽ユベントスは7日、イタリア代表DFアンドレア・バルザーリが左肩の脱臼と診断されたことを発表した。離脱期間は約2カ月となる見込みだ。

▽バルザーリは、6日に行われたセリエA第12節のキエーボ戦に先発出場。しかし、前半5分に左肩を痛め、交代していた。

▽ユベントスの発表によると、バルザーリは7日に整形外科医のラヴァーラ氏の下で検査を受けた結果、左肩の脱臼と診断されたようだ。バルザーリは、今後4週間ほど負傷箇所を固定する器具を着用するなど、復帰までには2カ月を要するという。

▽バルザーリは、11月に行われる国際親善試合とロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選に臨むイタリア代表メンバーに選出されていたが、すでに離脱が決定。年内の復帰が絶望となったバルザーリに対し、ユベントスは2017年1月8日に行われるセリエA第19節ボローニャ戦での復帰を見据えているようだ。