「徹子×さまぁ〜ずの『爆笑芸賓館 イチオシ芸人GP2016』」(テレビ朝日系)で、黒柳徹子がさまぁ〜ずと人生初のネタ番組の司会に挑む!/(C)テレビ朝日

写真拡大

11月20日(日)夜8時58分から放送の「徹子×さまぁ〜ずの『爆笑芸賓館 イチオシ芸人GP2016』」(テレビ朝日系)で、時に“芸人泣かせ”とも言われる黒柳徹子が、さまぁ〜ずと初タッグで人生初のお笑い番組の司会に挑む。

【写真を見る】黒柳徹子が手のひらにさまぁ〜ず2人の名前をメモ!?/(C)テレビ朝日

黒柳は「お笑い番組の司会は初めてで、25組もの芸を一度に、ほとんど休憩なしで拝見しました。さまぁ〜ずのお二人は、お笑い界でものすごくもまれていらっしゃるのに、とても普通の感覚をお持ちで、私も普通なのでそこがとってもうれしかったです。私たちの話だけでも2時間くらいになっているんじゃないでしょうか?」と笑顔を見せる。

勢いのある若手芸人から中堅まで総勢25組の芸人がネタを披露し、黒柳はその中から一番面白かったと思う“イチオシ芸人”を決める。見事、選ばれた芸人には、“「徹子の部屋」出場権”が贈呈される。

はやりの笑いネタに、時に歯に衣着せぬ率直なコメントで芸人をタジタジにさせる黒柳。彼女が司会を務めるトーク番組「徹子の部屋」(毎週月〜金曜昼0:00-0:30テレビ朝日系)では、芸人たちが自慢のネタを披露するものの、その笑いが通用しないという苦い経験をしてきた。

芸人にとっては黒柳を笑わせることは「徹子の部屋」への出演と併せて、超えてみたいハードルとなっている。

収録オープニングから黒柳は「すごーい! 生まれて初めて!」と気持ちを高ぶらせつつも、「なるべく笑うつもりできましたが、面白くなければ笑わない」と断言。そして、黒柳は「25組、全部笑わなかったらどうします?」と発言し、冒頭からさまぁ〜ずを困惑させてしまう。

黒柳はネタ見せが始まると、感想を求められているのにいつの間にか自身の幼少時の思い出話になったり、ネタの中身よりコンビ名の由来が気になったり、芸人相手に「俳優やったらいいですね」と勧めてしまったりするなど、予測不能な返しに芸人はタジタジ。さらに、順位付けでは「もう、覚え切れない…」とまさかのギブアップ宣言も!?

黒柳は「大変、面白かったです。皆さん一生懸命、私を本当に笑わそうとしてくださって感動しました。順位はずいぶん悩みましたけど、さまぁ〜ずのお二人も1位に同意してくださったし、あの方なら『徹子の部屋』にいらしても面白いに違いないと思います!」と太鼓判を押した。

一方、三村マサカズは「黒柳さんの感想が面白い! いいところを突いていたり、肝心なオチが分からなくて『今なんて言ったの?』って聞いてきたり(笑)。徹子さんのコメントに僕たちが食い付いちゃっていました」と告白。

大竹一樹は「どういうオンエアになるのかすごく楽しみ。ネタも面白いんですけど、徹子さんのコメントも全部聞きたい。そうなると時間に入り切らなくて、ごっそりカットされる芸人もいるのかな?(笑) ゲストがいっぱいの『徹子の部屋』みたいで豪華でした」と語る。

果たして、栄冠を勝ち取るのはどの芸人か? 期待を裏切らない“徹子節”のスパークと、芸人25組の本気のネタ見せに期待したい。

あらためて、黒柳は「普段、お笑いを敬遠なさっている方にも、今日は皆さんが私を笑わせようと本当に一生懸命やってくださって、私も一生懸命やりましたので、どうぞ嫌がらずに見てください!」とアピールした。

【ネタ見せ芸人】(※五十音順)

あばれる君、アンガールズ、Aマッソ、カミナリ、コロコロチキチキペッパーズ、三四郎、サンドウィッチマン、次長課長、ジャングルポケット、ダイタク、タイムマシーン3号、ダブルブッキング、TKO、ナイツ、永野、ニッチェ、ネルソンズ、バイきんぐ、馬鹿よ貴方は、パンクブーブー、マツモトクラブ、U字工事、よゐこ、ライス、ロッチ。