11月8日(火)放送の「世界の日本人妻は見た!SP」で、元大関の把瑠都が自身の結婚について語る!/(C)MBS

写真拡大

11月8日(火)放送の「世界の日本人妻は見た!SP」(夜7:00-8:54TBS系)では、オーストラリア、台湾に住む日本人妻の生活に迫る。スタジオゲストには元大関の把瑠都が登場し、プロポーズの思い出などを語る。

【写真を見る】はしのえみは「Tsumazon」配達人としてオーストラリアに出動!/(C)MBS

同番組では、海外に暮らす外国人と結婚した“日本人妻”の生活に密着し、夫婦のなれそめや家族の様子に迫るとともに、住んでから気付いたその国の魅力などをVTRで紹介。

スタジオの司会・爆笑問題の他、デヴィ・スカルノ、出川哲朗、渡辺満里奈、北山宏光(Kis-My-Ft2)らがその様子を見守る。

今回は、現地で手に入らない日本の日用品を届ける「Tsumazonが行く」に、結婚7年目のはしのえみが登場。配達人となってオーストラリア・ゴールドコースト在住の3人の妻に、日本の便利グッズを届ける。

「弁当箱&キャラ弁グッズ」を受け取って大喜びの日本人妻によると、現地の弁当文化はいたってシンプルで、スーパーで売っている弁当箱はタッパーのみだという。実際に学校を取材してみると、子供の弁当はほとんど缶詰だらけ。

そんな中、料理が苦手と告白する日本人妻が、はしのと共に初めてのキャラ弁作りにチャレンジする。

また、「台所用スポンジ」を所望した日本人妻にその理由を聞き、ジャガイモなどの「皮むきグローブ」を依頼した、仕事を抱えながら3人の子育てに奮闘する超多忙な日本人妻が抱える悩みに迫る。

一方、「世界の料理お助け人」の第2弾では、水ギョーザの味に家族が納得してくれなくて悩んでいるという台湾の日本人妻の元へ、フードアナリスト3級の資格を持つ料理好き俳優・金子貴俊が向かう。

台湾では水ギョーザを週に1度は食べるそうで、日本人妻にとってまさに登竜門となる料理。しかし、日本人妻は日本料理の腕前には自信があるものの、水ギョーザとなると本場の味が出せず、「味がない…」などと家族や祖母に駄目だしされてしまうとか。そこで金子のサポートの下、台湾・台中で有名な料理店でプロの技術を学ぶことに。

そして、タイからは「現地で暮らして“ビックリしたこと”リポートしてください!!/日本人妻ニュース!」を。暮らしているからこそ分かるビックリ情報を、日本人が多く集まるスポットでインタビューし、食べ物から生活習慣まで、日本と違ってビックリすることに迫る。

スタジオには「相撲界のディカプリオ」と呼ばれた元大関・把瑠都が登場。田中裕二から「プロポーズはどんなふうに?」と聞かれ、答えられずに焦るが、スタジオに来ていた美人妻・エレナさんの助けで無事思い出す…という一幕も。

また、台湾の妻を応援するために現地で披露した金子オリジナルの食べるラー油をみんなで試食する。

現地で暮らしているからこそ抱えてしまう悩みや、刺激的な日本人妻たちの生活をのぞいてみては?