「今年一番の試合になる」 イラク戦劇的弾の山口蛍、首位サウジ撃破を誓う

写真拡大

 日本代表は7日、キリンチャレンジカップ2016と2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選に向けて、鹿嶋市内で合宿2日目のトレーニングを行った。

 セレッソ大阪MF山口蛍は、15日に行われるW杯アジア最終予選第5節のサウジアラビア代表戦に向けて「相手が首位のサウジアラビアなので勝つしかないですし、引き分けでも(予選突破が)厳しくなるかもしれないので、勝つつもりでいます」と勝利を誓った。

 サウジアラビア代表戦を「間違いなく今年一番の試合になる」と表現した山口は「J2にいる中でも毎回(ヴァイッド・ハリルホジッチ監督に)呼んでもらっていますし、試合にも使ってもらったりしている。信頼を感じている部分もかなりあるので、自分がピッチに立った時にはしっかりと結果を残さなきゃいけないなという思いは毎試合あります」と、指揮官の期待に応えたいという思いを語った。

 山口は10月6日のアジア最終予選第3節イラク代表戦で、終了間際に劇的な決勝ゴールを記録。2−1での勝利へと導いた。そして迎える11月の2試合。「とにかく勝たないといけないので、2試合とも状況は違いますけど、ホームでやることには変わりがないので、しっかり戦いたいと思います」と、山口は抱負を語っている。

 日本代表は11日、カシマスタジアムで行われるキリンチャレンジカップ 2016でオマーン代表と対戦する。そして15日には、W杯アジア最終予選でサウジアラビア代表と激突。3ポイント差でグループBの首位に立つ相手との大一番に臨む。