5日、中国国防部の楊宇軍報道官は上海で開かれた「中国スポークスマンフォーラム」で、「国防部の報道官としてのプレッシャーは確かに大きい」と心境を吐露した。写真は楊報道官。

写真拡大

2016年11月5日、中国国防部の楊宇軍(ヤン・ユージュン)報道官は上海で開かれた「中国スポークスマンフォーラム」で、「国防部の報道官としてのプレッシャーは確かに大きい」と心境を吐露した。鳳凰網が伝えた。

フォーラムには中国政府各部門や中央企業(中央政府の管理監督を受ける国有企業)の報道官ら80人余りが参加。情報発信の方法や重大事件への対応などをテーマに議論が行われた。

国防部の楊報道官は「国防部の報道官としてのプレッシャーは確かに大きい。ここ数年で白髪がめっきりと増えた」とした上で、その理由について「軍隊の代表として政策的で敏感な問題を扱う。大衆の多くが軍隊に高い関心を寄せてもいる」と述べた。(翻訳・編集/柳川)