山盛りホイップクリームのパンケーキを中心としたハワイ料理専門店「Eggs ‘n Things」が、アメリカの「サンクスギビング(感謝祭)」の定番の組み合わせであるターキー&クランベリーソースを使ったサンクスギビングメニュー3種類を2016年11月1日(火)から提供開始しています。また、同時期に、ららぽーとEXPOCITY店には1周年記念のパワーサラダ風「Ekahi(エカヒ)パンケーキ」も登場しているとのことなので、まとめてお店で食べてみました。

〜 Eggs ‘n Things ららぽーとEXPOCITY店オープン1周年記念 〜 パワーサラダ風のAnniversaryパンケーキ登場! 11月1日(火)より期間限定販売 | Eggs 'n Things

http://www.eggsnthingsjapan.com/news/16102801.html

Eggs ‘n Thingsから『サンクスギビング(感謝祭)』のメニューが登場!ターキーにクランベリーソース、今年の秋はいつもと違うテイストを楽しみませんか? 〜 11月1日(火)より期間限定販売 〜 | Eggs 'n Things

http://www.eggsnthingsjapan.com/news/161021.html

Eggs ‘n Thingsに到着。



行列ができることで有名なEggs ‘n Thingsですが、平日の17時ごろに行ったところ、待っている人は1組のみ。10分ほどの待ち時間の間に新商品のメニューを手渡されました。



お店に入り、さっそく注文します。



しばらくすると、まずは「サンクスギビング」メニューのうち、「ターキーとスモークサーモンのエッグスベネディクト」(税別1650円)が到着。



全長123.8mmのiPhone SEと比較したところ、エッグスベネディクトの直径はiPhoneよりも一回り小さいくらいでした。エッグスベネディクト2個に加えて、山盛りのココナッツローストポテト&インゲンが添えられており、見た目からもボリュームの多さが伝わってきます。



高さはこのくらい。



2つあるエッグスベネディクトのうち、まずはクランベリーソースがかかっている方を食べてみます。エッグスベネディクトは一番上にぷるんぷるんのポーチドエッグがのっており、ナイフを入れるとトロリと黄身が流れ出します。



断面はこんな感じ。ポーチドエッグの下にはターキー、クランベリーソース、マッシュポテト・イングリッシュマフィンが敷かれています。



ターキーはベーコンよりも淡白な肉質ですが、脂がのっておりジューシー。コクのあるオランデーズソース、とろりとした卵と滑らかなマッシュポテトという組み合わせは、非常にまろやかでまったりした組み合わせなのですが、そこに甘みと酸味があるクランベリーソースが華やかなアクセントを加えています。ただ、食べ慣れない人だと「奇抜な味付けだな!」と感じることもある様子。



1皿で2つの味が楽しめるのもこのプレートのいい点。もう1つのエッグスベネディクトも食べてみます。ポーチドエッグにナイフを立てると、ケッパーが1粒現れました。



このエッグスベネディクトはサーモン・クリームチーズ・ケッパー・マッシュポテト・ポーチドエッグ・イングリッシュマフィンという間違いのない組み合わせ。定番の味わいなので、安心して食べられます。



付け合わせのローストポテトは、ココナツチップと一緒に盛られています。



ローストポテトの表面はサクサクで、ものによってはカリカリになっているものも。しかし中のポテトはホクホクとしていて、ほんの少しスパイシーなのでどんどん食べ進めていけます。



続いて登場したのは、ららぽーとEXPOCITY店オープン1周年を記念した、ららぽーとEXPOCITY店店限定メニュー「Ekahi(エカヒ)パンケーキ」(税別1450円)。Ekahiはハワイ語で「1」を意味します。



お皿にはiPhone SEの全長ほどの直径のパンケーキが4枚。



横から見るとこんな感じ。



トマト・レモン・たまご・サーモン・生ハムなどがたっぷり盛られています。



食べてみると、パンケーキ生地自体はほんのり甘く、生ハムの塩気と合わさって「甘じょっぱい」おいしさ。



パンケーキにはグラノーラとマカダミアナッツが練り込まれていて、ポリポリという食感があるのがユニーク。このままメイプルシロップなどをかけてもおいしそうですが……



今回は酸味があり爽やかなマンゴーサワークリームが加えられています。玉ネギなどの香味野菜が加えられているので風味がよく、甘い・しょっぱい・酸っぱいという色んな味がバランスよく凝縮されていました。



スモークサーモンとの相性もグッド。



付け合わせはココナツローストポテトではなくサラダ。量はしっかりあるものの、サラダのドレッシングもパンケーキのソースも酸味が強いので、全体的にさっぱりと食べられました。



続いて、サンクスギビングメニュー2品目の、「ターキーホットサンドwith クランベリー」(税込1380円)



1皿につきサンドイッチが2切れ入っているのですが、手に持ってみると重量があり、かなり大きめサイズであることがわかります。



横から見ると以下の通り。たっぷり使われたモッツァレラチーズがとろけています。サンドイッチはパンが3枚使われており、1層目にはモッツァレラチーズや卵が挟まっており……



もう1層にはチーズ・マッシュポテト・ターキー・クランベリーソースが挟まっています。



一口かじるとまず驚くのが、「油で軽く揚げてる?」と思ってしまうくらいにパンがサクサクであること。パンの表面にはバターが塗られ、しっかりと焼き上げられており、特にミミの部分はクッキーのようなザクザクした食感でした。卵・ターキー・マッシュポテト・たっぷりのモッツァレラチーズという、ズッシリと食べ応えのある組み合わせなので、1切れ食べるだけでも満足感は高め。女性ならば1皿をシェアしてもいいのでは、と感じるほどでした。ただし、ズッシリした組み合わせですが甘酸っぱいクランベリーソースが使われていることで、やや重さが軽減されている気がしました。全体としてはかなりジャンクな一品。



これも付け合わせはココナツローストポテトとインゲン。



ターキーホットサンドには専用のナイフが付属しています。手で持つと油で手がベタベタしたので、ナイフで切りながら食べるのがベターかも。



最後は、朝食っぽい見た目の「サンクスギビングパンケーキプレート」(税別1450円)



お皿には、iPhone SEよりも一回り大きなパンケーキが2枚と、マッシュポテト、クリーミーホウレン草、目玉焼き・ターキーがのっています。



横から見るとこんな感じ。



見た目も味も派手なパンケーキ&エッグスベネディクトを先に食べていたため、シンプルで飾らないパンケーキの味にほっとします。Ekahiパンケーキなどは生地がやや甘かったのですが、こっちの生地は甘さ少なめ。上にかけられているのはケチャップではなくクランベリーソースで、甘酸っぱさはありながらも、「スイーツ」とまではいかない、まさに朝食っぽい仕上がりになっています。



ここにとろとろの目玉焼きと脂の旨みが感じられるターキーを一緒に食べてもいい感じ。



付け合わせのクリームほうれん草とマッシュポテトはまったりした味わい。



他のパンケーキやエッグスベネディクトに比べてシンプルなので、あらかじめテーブルに用意されているグアバソース・ココナツソース・メイプルシロップなどを加えてもいいかも。



メイプルシロップをかけると、ターキーのしょっぱさとメイプルシロップ&クランベリーソースの甘さで、甘じょっぱさのバランスが絶妙なパンケーキが完成。これはどちらかというと、パンケーキそのものの味を楽しみたい人にオススメする一品でした。



「サンクスギビングメニュー」は、ターキー・クランベリーソース・卵の組み合わせをさまざまなバリエーションで食べられるわけですが、いろんな味を楽しみたい時は「ターキーとスモークサーモンのエッグスベネディクト」、シンプルな素材の味を楽しみたい時は「サンクスギビングパンケーキプレート」、ジャンクなものを食べたい時は「ターキーホットサンドwith クランベリー」を頼むと良さそう。また、今回食べたおかず系プレート4品はいずれかなりボリュームがあったので、デザート系のパンケーキと一緒に注文して誰かとシェアして食べるのもオススメです。

なお、いずれのメニューも11月30日(水)までの提供となっています。