写真提供:マイナビニュース

写真拡大

KDDI、沖縄セルラーは7日、10.1インチディスプレイ搭載のAndroidタブレット「Qua tab PZ」(LGエレクトロニクス製)を発表した。12月上旬の発売を予定し、端末価格は未定。

Quaシリーズとしてはじめてワンセグとフルセグに対応。7,000mAhの大容量バッテリー搭載で、家の中のみならず旅行や出張先といった外出先でもテレビや動画の視聴が楽しめる。また、「防水 (IPX5、IPX7)」「防塵 (IP6X)」をサポートし、キッチンなどの水周りでも利用できる。

充電中は置時計としての表示になるほか、「Info Clock」機能では、時刻に加えて、天気やニュースなど、好みのモードに切替えることができる。このほか、ブルーライト軽減機能やシャッターボタンを好きな位置に設定できる「フローティングシャッター」といった機能を備える。

そのほかの仕様は以下の通り。

・OS: Android 6.0
・CPU: Qualcomm Snapdragon 617(オクタコア1.5GHz+1.2GHz)
・内蔵メモリ: 2GB
・ストレージ: 16GB
・外部ストレージ、microSDXCメモリーカード(最大256GB)
・サイズ: 約W258×D7.9×H164mm、重量約486g
・ディスプレイ: 約10.1インチ IPS(1,920×1,200ドット)
・アウトカメラ: 約500万画素 CMOS
・インカメラ: 約500万画素 CMOS
・バッテリ容量: 7,000mAh
・連続待受時間: 約930時間(4G LTE/WiMAX 2+)
・最大通信速度(上り/下り): 25Mbps/150Mbps
・ワイヤレス: Wi-Fi(802.11 a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.2
・NFC: ×
・カラー:ホワイト、ネイビー、ピンク