今年は初戦の出雲駅伝で完勝し、選手層の厚さは他校とレベルが違うとみられる青山学院大。その王者を全日本大学駅伝で、ヒヤリとさせたのは早稲田大だった。

 前回の箱根駅伝を9区で走り、区間賞を獲得した井戸浩貴(4年)と、光延誠(3年)を外して臨んだ早大。4年生を1区から3区まで並べ、鬼門の1区には出雲の1区で13位と凡走してしまった主将の平和真(4年)に代え、日本インカレ1万m日本人トップの武田凜太郎(4年)を起用した。

 これが当たって武田は、7km過ぎの服部弾馬(東洋大・4年)のスパートに対応し、駒大の工藤有生(3年)と共にトップ集団を形成。残り1.4kmからの服部の最後の仕掛けにはつけなかったが、最後まで粘ってトップに11秒差の2位で2区の平につないだ。

 13.2kmのエース区間となる2区で、平は前半から突っ込んできた青学大の田村和希(3年)に6km手前で追いつかれたものの、中間点で東洋大をかわし、9.5km地点から疲れが見えていた田村を突き放す。最後は粘りきった田村に中継所前で再び追いつかれて首位を譲ったが、青学大に1秒差で3区へとつないだ。

 その3区は、1年生で関東インカレデビューをしながらも故障で低迷し続けた、4年の鈴木洋平だった。

「同学年にはちょっと遅れをとりましたが、4年で巻き返すためにも駅伝では全部区間賞を取るつもりでした」と振り返るように、出雲では4区で区間賞を獲得していた彼は、その好調さをここでも存分に発揮する。3.5kmから青学大2年の吉永竜聖をジワジワと引き離し、4km過ぎで完全に突き放すと独走状態となり、14秒差で4区につないだのだ。その勢いを、前回の箱根では4区で区間4位になっている永山博基(2年)が受け継ぐ。永山は、出雲で東海大を逆転して優勝する立役者になった青学大の主将・安藤悠哉(4年)を突き放す区間賞獲得の走りで、1分7秒差をつけた。

「1区はみんなブレーキをかけてしまいそうな悪いイメージがある中で、武田がいいスタートをしてくれて、平も出雲の悪いイメージを断ち切ってくれたので想定していた展開を体現できた。そのままの勢いで逃げたかったのですが、ちょっと力が足りなかったかなと思います」と、早大の相楽(さがら)豊監督は言う。

 続く5区の新迫志希は、1年生ながら区間2位と期待通りの走りをみせたものの、青学大の小野田勇次(2年)に5秒詰められて、1分02秒差にされた。青学大の原晋監督が「あそこで数秒でも詰めてくれたのがうちの勝因になった」と言うように、ここが分岐点だった。

 続く6区では、藤原滋記(3年)が淡々と走って区間3位になったが、3大駅伝デビュー戦となる青学大の森田歩希(2年)が区間賞獲得の走りをして37秒差に詰めてきた。続く7区では太田智樹(1年)が区間3位の走りで青学大との差を59秒差に広げたが、現在学生ナンバー1の力を持つ青学大のアンカー、一色恭志(4年)に動揺を与えるまでには至らなかった。結局8区では、6km手前で一色に首位を奪われ、逆に56秒差をつけられて2位に終わった。

 しかし、4区から7区までは王者・青学大を揺さぶり、前半をオーバーペースで突っ込ませ、終盤に失速させるという走りを見せた。

「これまでは、大体ブレーキから追いかけるのがうちの駅伝だったので、トップを走るという経験は自信になったと思います。前を走ることで、たとえ青学大相手でも単独で気持ちよく逃げさせなければ(いける)、というのがちょっとは見えたかなと。青学大の一色くんとか山梨学院大のドミニク・ニャイロくん(2年)のような"絶対的エース"というところまで、もう少し近づけないと、優勝は近づいてこないと思います。ただ今回は、全員が区間3位以内なら総合で2位、3位争いはできるからと話して3位以内を目標にしていました。実際にこうやって自分たちが優勝できるかどうかというところまで来て負けると、やっぱり悔しさしか残らないので......。ここから新しいスタートだと思ってあと1カ月半を頑張っていきたいと思います」(相楽監督)

 早大の躍進の大きな原動力となっているのは、入学時からスピードランナーと期待された武田と平、井戸が、4年生になってやっと本格化してきたことだ。

「久しぶりに前の方で戦えたので、僕自身も楽しく走れたし、最後まで諦めないで平につなぐという気持ちでした。自分の体にかける時間を長くするようにしていて、走り以外のトレーニングにも貪欲に取り組めるようになったのが、結果やケガをしないことにつながっていると思います。もう4年生で一歩も引けないような状態に置かれたなかで、自分にプレッシャーをかけ続けてやっています」と武田は言う。

 また5000m高校ランキング日本人2位の13分55秒64を持って入学していた平も「今シーズンはキャプテンになったことで、ひとつひとつの試合に対する意識も変わり、自分にプレッシャーをかけられているのがいいことだと思います。もう4年生なので、3年生までのように本人が気づくのを待っている暇はないし、同学年なら厳しいことを言ってもいいと思っています。4年生同士では結果が悪かったりやる気がない奴には怒るし、みんなで指摘し合っています」という。

 だからこそ鈴木も、「今は序盤のエース区間を走ったふたりとも変わらない練習ができているし、その中で自分が最短区間に使われたのは、区間賞を求められてのこと。それを13秒差で逃したのは悔しいし、監督からは青学大と山梨学院大をどれだけ離せるかが大事と言われていて30秒差を目標にしていたので。それをできなかったのはまだ気持ちで負けているからだと思う」と悔しがっていた。

 今回、出雲で起用した井戸を外したことを相楽監督はこう言う。

「経験値があるので、もし使うなら6区だったが、前回の箱根の9区で区間賞を取ってからは、主要区間で他校のエースと戦えるようになってほしいと言っている。今回は調整が間に合わなかったが、彼は20kmに関して信頼をしているひとりなので、箱根に向けて準備をしてほしい。今年のチームは全員が似たような力を持っていることが、強さの要因でもあるので、主要区間以外でどれだけ貯金をつくれる選手を出せるかがカギだと思う」

 一色やニャイロと2区で対等に張り合える選手がまだいないという弱点はあるものの、全日本で青学大を自由にさせない走りをしたことで、早大は箱根駅伝での打倒・青学大の一番手に躍り出たと言えるだろう。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi