ボランチの定位置奪取を狙う日本代表MF山口蛍

写真拡大

 面識はない。だが、日本代表MF山口蛍(C大阪)は言い切った。ポジションを争うことになるMF井手口陽介(G大阪)は「怪物だと思う」と――。

 今回の招集メンバーで唯一初招集となった20歳の井手口は、前日の取材対応で山口との比較について、「一緒と言うとおかしいけど」と前置きしつつも、「似ていると思うし、似ている選手には絶対に負けたくない」と語り、“挑戦状”を叩き付けた。

 “挑戦状”を叩き付けられた山口自身は冷静だった。「似ている部分はあるかもしれないけど、ちょっとずつタイプは違うと思う」と分析。そして、「ボールを奪えるし、最近はミドルシュートも決めている。あの年齢で代表に選ばれる選手だし、僕は本当にすごいなと、僕は怪物だと思う」と新たなライバルとなる井手口の印象を口にした。

 “怪物”と表現した後輩から追われる立場となるが、特別な意識はしない。「自分のやれることをやって、それでも陽介にポジションを奪われたら、自分の実力がそこまでということ。今できることを出し切ることを考える」。何よりも自身の力を100パーセント、常に出し切ることが大事だと考えている。

 現代表のボランチの中で「ボールを奪いに行くところは一番」と語る自らの武器を最大限に活かし、レギュラー定着を狙う。

(取材・文 折戸岳彦)


●ロシアW杯アジア最終予選特集

●ロシアW杯各大陸予選一覧