写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソニー・クリエイティブプロダクツ(SCP)と大井川鐵道は7日、人気の蒸気機関車「きかんしゃトーマス号」を2017年も引き続き運行すると発表した。6月から「トーマス号」の運行を開始し、7月には「ジェームス号」の運行も始まる予定だという。

「きかんしゃトーマス号」は、SCPがマスターライセンスを保有する「きかんしゃトーマス」の意匠をまとった蒸気機関車。2014年に大井川鐵道がアジアで初めて運行し、翌年には仲間の機関車「ジェームス号」が加わった。今年は物語の世界をさらに再現すべく、「バスのバーティー」も登場。好評を博した。なお、2017年の運行スケジュールなど、詳細は今後随時発表されるとのこと。

(佐々木康弘)