時代は変わる。ラグビーの日本代表も様変わりする。だが、桜のプライドと魂は変わらない。先人たちの遺志は引き継がれていく。

 秋晴れの5日である。ラグビーのジェイミー・ジョセフ新ヘッドコーチ(HC)の初陣となる日本代表vsアルゼンチン代表は、過日53歳で亡くなった元日本代表監督、平尾誠二さんの追悼試合として行なわれた。実は試合のメディカル・ルームドクターは、故・宿澤広朗さん(2006年没、享年55。1989〜91年代表監督)の長男の医師が務めていた。

 試合開始前には平尾さんの現役時代のプレー映像が電光掲示板に流され、<ミスターラグビーの遺志を継ぎ 新生日本ラグビー 出陣>との言葉が映し出された。

 1分間の黙とう。日本代表は全員が左袖に、平尾さんの代表選手時代の背番号「12」の黒い数字を付けていた。

 この日、同じ12番のセンター(CTB)で戦った共同キャプテンの立川理道はしみじみと漏らした。

「今日は僕も12番だったんで、特別に因縁のある試合かなと思って、試合に臨んでいました。(平尾さんは)レジェンドなので、その意味をしっかりと受け止めながら」

 確かに立川は体を張った。タックルを受けながらも、強靭な下半身を生かし、何度もゲインを切った。前に出た。でも、日本はチームとしてうまく機能しなかった。チームスローガンの『ワン・チーム』になり切れなかった。直前合宿はわずか1週間足らず。はっきりいって、準備不足だった。

 結局、20−54の完敗だった。立川はふーっと息を吐きだした。

「強かったです」

 そう。対するアルゼンチンは強かった。昨年のワールドカップ(W杯)ベスト4の強豪である。このチームは豪州、ニュージーランド、南アフリカとも戦ってきた。なのに、日本は集合して1週間。しかも故障や辞退などで思うようなチーム編成ができず、この日出場した23人のうち13人が初キャップだった。つまりチームとしての成熟度が違ったのである。

 新しいシステムのディフェンスが乱れた。これは簡単にいえば、ラインの外から内に圧力をかけて、ボールキャリアを内に行かせて仕留めるイメージなのだが、インサイドを何度もブレイクされた。それぞれの意識はあっても、組織としての完成度が低かった。連係を欠いていた。

 例えば、後半の開始直後に許したトライ。中盤でマイボールのラインアウトを奪取され、ディフェンスラインがガタガタとなった。待つのか、出るのか。ラインのずれを相手CTBに突かれ、最後は快足ウイングのコルデロにトライされた。

 この試合が39キャップ目。スタンドオフ(SO)の田村優は「タックルがどうこうというより、システムの問題です」と反省した。

「誰が悪いとかじゃなく、チームのルールが守れなかったということですね。こういうプレッシャーの中で初めて試合をする人もいたので、熱くなって動いてしまう人もいたのかと思います。ひとりが(ルールを)破ると、全部が崩れてしまいます」

 勝負のポイントだったスクラムは序盤、健闘した。相手のコラプシング(故意に崩す行為)の反則も誘った。でも、時間とともに劣勢に回った。マイボールのスクラムをターンオーバーされたり、コラプシングの反則をとられたり。共同キャプテンのフッカー堀江翔太は「8人でまとまって押せなかった」と漏らした。

「でも、こちらは小柄でも耐えるところは耐えられていた。まとまれば、イケるでしょう。お互いの癖など、もっとお互いを知らないといけないと思います」

 準備時間の短さを考慮すれば、よくスクラムは組んでいたのではないか。特に35歳の初キャップ、左プロップの仲谷聖史である。純朴な一男一女のお父さんは試合前のアップで感極まって泣いていた。

「スタンドの友人や知人がめっちゃ、声援をくれていたので」と、耳がつぶれたスクラム職人は照れた。相手の印象を聞くと、「重いし、巧いし、両方でした」と言った。

「初めはよかったんですけど、中盤ぐらいからは後ろ(ロック)の押しが緩んじゃったですね。(スクラムは)差し込むとイケるんですけど、その場で止まっちゃうと落とされてしまった。強引に力で持っていかれるときもありました」

 仲谷は105kg、スクラムで後ろにつくロックの梶川喬介も105kg。対するアルゼンチンのトイメンの右プロップは123kg、その後ろの右ロックが117kgもあった。重量がすべてではないが、どうしても受けると重さをモロに抱えることになる。だから、ヒット勝負。足の位置やバインドの位置、背中の方向など、組む前の態勢がより大事なのだ。

 ヤマハ発動機のスクラムを日本一に育てた臨時コーチの長谷川慎さんは「この期間でできることは100%できました」と評価し、小声でこう説明してくれた。

「(選手は)何が悪かったか、ちゃんと理解していると思います。組む前に決められたことをできなかったということです。一番大事なことは、きついときにきついことができるかどうかです。これはできるようになります」

 頼もしいかぎりである。個々をみれば、終了直前にトライを奪ったウイングのレメキ・ロマノラヴァほか、堀江、ナンバー8のアマナキ・レレイ・マフィ、立川、山田章仁、FB松島幸太朗ら、高い能力を示した。ノーサイド直前にトライを返すなど、平尾さんがよく言っていた「あきらめない」姿勢も見せた。

 とはいえ、何よりの収穫は課題が明らかになったことだろう。アタック、ディフェンスの連係不足、スクラムの結束の弱さ、互いのコミュニケーション不足......。もちろん、個々のフィジカル、スピード、判断力は継続して高めていかなければならない。

 繰り返すけれど、チームスローガンが『ワン・チーム』。そのためには、まず一人ひとりが自分の役割を100%まっとうすることである。そのうえで互いのコミュニケーションを密にして、相互理解を深め、細部を詰めていくことである。

 人柄だろう、ジョセフ新HC は「選手たちは桜のジャージを着るプライドを見せてくれた」と褒めた。

「決してあきらめない。レメキのトライが我々の象徴です。ポジティブなところは多かったけど、ミスが失点につながった。今日出た課題をしっかり時間をかけて修正して、チームとして向上していきたい」

 ワインに例えると、チームはまだボジョレー・ヌーボーといったところか。時間をかけ、円熟した味わいを出していけるかどうか。ポイントはワインのごとく、互いの掛け合わせ、つまりハードワークを通したコミュニケーション強化であろう。

"ジェイミー・ジャパン"にとって、次の2019年W杯日本大会に向けて荒海が待ち受ける。今後、欧州遠征で3試合を戦う。初戦が12日のジョージア代表戦。またもスクラムが試練となる。相当厳しい戦いが予想されるが、ワン・チームになる特効薬はなんといっても『勝利』である。

松瀬 学●文 text by Matsuse Manabu