写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日産自動車は7日、「スカイライン」の誕生60周年を記念した特別仕様車「60th Limited」を発売するとともに、一部仕様を向上して発売した。2017年9月末日受注分までの期間限定販売となる。

「スカイライン 60th Limited」は、「スカイライン」の「350GT HYBRID Type SP」「350GT FOUR HYBRID Type SP」「200GT-t Type SP」をベースに、より上質な室内空間を実現するアイテムを標準装備した特別仕様車。従来よりもやわらかな本革にセミアニリン加工を施した高級本革シートを全席に採用するとともに、前席にホールド性が高いスポーツシート形状を採用した。内装のトリムに木目の風合いをそのまま生かす塗装仕上げを用いたオープンポアウッドを採用し、高級感を演出している。

「スカイライン」の一部仕様向上では、国産車初となる「BOSE Performance Series サウンドシステム」をオプション設定に採用。左右のリアドアに新規でツイーターを設定して16スピーカーとし、フロントドアのツイーターの刷新や、フロントドアのスピーカーグリルの薄型化やデザイン・素材変更などが行われた。

ボディカラーでは、過去の「スカイライン」で採用したヘリテージカラーを受け継いだ特別な車体色「オーロラフレアブルーパール(2P)」を追加し、合計9色の設定とした。「スカイライン 60th Limited」の価格は496万3,680〜609万1,200円(税込)。

(木下健児)