『モテと非モテの境界線 AV監督と女社長の恋愛相談』(講談社)

写真拡大

「草食系男子」「絶食系男子」といった言葉が取り立てて真新しいフレーズに聞こえなくなって久しい。リクルートブライダル総研が公表した「恋愛・婚活・結婚調査2015」のデータによれば、現在独身の30代男性のうち79.7%には恋人がおらず、そのうち32.5%はこれまでの人生で恋人がいた経験がないという。ちなみに、30代女性では67.4%に恋人がおらず、そのうち18.6%は恋人をもった経験がないと統計が出されている。

 ただ、とはいってもやはり、いつか機会があれば結婚したいと考えている人は多い。そんな男女はいったいどうやって恋愛・結婚に向かって一歩を踏み出せばいいのだろうか。そんな悩みに応える、一見風変わりなタッグによる恋愛指南本が発売された。著者は、「痴女」「ふたなり」といったジャンルを開拓してきたAV監督の二村ヒトシ氏と、婚活コンサルティング事業を行う「魔女のサバト」主宰の川崎貴子氏。

 その『モテと非モテの境界線 AV監督と女社長の恋愛相談』(講談社)のなかで二村氏は、恋愛について考えるよりもまずその前に、「あなたの欲望はなんですか?」と自分自身に問い質してみることが大事だと語る。

「僕はどんな人にも、生きている根っこというか、根源になる欲望があると思っているんですよ。その人の心から欲しがっているものは、実はその人が他人に与えることができるものでもあるし、その欲望をうまく使いこなせればまわりの人の役に立てる。それを客観的にたどって自分を見つめなおすのが、モテるためには必要なんです」
「そのことを考えないのが、普通に働いている若い人たちが「なんとなく生きづらい」ことの一因だと思うんですよ。人間って「自分には何ができるのか、何はできないのか。何がしたいのか、何はしたくないのか。それはなぜなのか」をわかっていて、それを上手くコントロールできていると病まない。でも社会からいつわりの欲望を押し付けられて、まわりが気になってしまっていると苦しむ」

「自分が本当にしたいこと」よりも、社会が要求しているもの(もしくは、要求していると思い込んでいるもの)、たとえば、男は外でがっつり稼ぎ、女は家を守るべき、といったものに応えようとガチガチに凝り固まっていると、幸せからはどんどん遠ざかっていく。川崎氏もこのように語っている。

「「こうでなきゃ」という条件があればあるほど、愛情から遠ざかるんですよ。縁を大事にして、小さなことをきっかけにして飛び込んで、他人同士がコミュニケーションを通して歩み寄らないと、愛情は得られない」

 社会が要求する「結婚とは『こうあるべし』、家族とは『こうあるべし』」という規範、もしくは「男らしさ」「女らしさ」という決めつけは、人々を不幸にするだけだ。二村氏はこのように説明する。

「僕は、すべての人間が男性に生まれたから「男」である、女性に生まれたから「女」であるとは、思っていなくて。すべてグラデーションだと考えているんです。同性愛やバイセクシャルの人がいるのは当然として、恋愛や結婚やセックスをまったく必要としないで生きていける人もいる。恋愛なり結婚なりをしたい男性の中にも、その相手は「男性的な女性」がいいって人は実はいっぱいいるはず。多様性のあるマッチングがなされていかなくてはならない。社会での男性性の戦いを放棄したくなった人は、男らしくあろうとしなくてもいい。そういう男性をがっしり受け止めてくれる「男性的な女性」も、世の中にはちゃんといます」
「だから女性も「女は、女らしくなくてはならない」とか「女であることと仕事、母であることと仕事を、完璧に両立させなくてはならない」とか決めつけないほうがいい。同じように「結婚とはこういうもの」「セックスとはこういうもの」というのも、決めつけなくていい。社会が要求してるにすぎないことを「自分の個人的な欲望」だと思い込んで叶えようとすると、心が破錠してしまいますよ。男性も女性もそうです」

 ただ、「こうあるべき」という規範から逃れることは、口で言うのは簡単だが実践するのはなかなか難しい。特に、男性はその傾向が強いと言う。男は無意識のうちに変化に対するガードを固めてしまうのだ。川崎氏はこう語る。

「婚活相談でも、男の人のほうがアドバイスを実行しないことが多いんですよ。そういうときは、相手のことを真剣に考えて話したのに届かなかった、とがっかりします。女性のほうが、「変わりたい」という気持ちがあって、言われたことをやってみようとしますね」

 では、そんな男性はどうすればいいのだろうか。二村氏は「僕はこういうとき、男性には「アナルを掘られてみては?」と言うようにしているんです」とエキセントリックな答えを返している。それはいったいどういうことなのか?

 本書ではその真意について詳しくは述べられていないのだが、先日出版された、著述家・湯山玲子氏との対談本『日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない』(幻冬舎)で、二村氏はこんな発言を残していた。

「彼のチンチンが役に立たなくなったなら、もしくは彼がそれを「女を支配するため」にしか使わないなら、手や口で愛撫してメロメロにした後に、指を使ってお尻を掘るべきだということです」
「通常の射精なんて、本当に物理的な、あるいは女性への支配欲だけの、実にちっぽけなものなんです。前立腺を自分で意識できるようになってからの射精は、何十倍も、それこそ気絶するほどキモチいいですよ」
「まず男がぶっ壊れないといけないと思うんです。いばってる男性たちは、みんなケツを掘られるべき」

 つまり、「アナルを掘られる」ことで、「こうあるべき」という社会的規範や、ちんけなプライドもすべて捨て去ることができ、パートナーに自分の心をすべて見せられる、本当の意味での強さを身につけることが可能になるというわけである。

 ただ、こう聞くと恋愛をすることが、ますます難しいことに思えてくる人もいるだろう。だが、二村氏は前述の『モテと非モテの境界線』のなかで、恋愛指南本とは思えぬ、こんな驚きの発言をしているのだ。

「難しいことなんですよ。だから別に無理して、しなくてもいい。こう言うと川崎さんに怒られちゃいそうだけど、僕は、恋愛って「趣味」としてやるものだろうと思ってる。絶対に「みんなが、しなくちゃいけない」わけではないし、恋愛が苦手な人や上手にできない人に人間として欠陥があるわけでもない」
「自分の世界を浸食されたくない人にとっては、あまり向いてる趣味じゃないんだ」

 現在、与党やそれを支持する人々のなかで、「男は仕事、女は専業主婦」という家族観を押し付けようとする動きが盛んだが、そうやって「こうあるべき」という価値観を強制することは、人々をますます恋愛や結婚から遠ざけていく行為に他ならないのではないだろうか。
(新田 樹)