写真提供:マイナビニュース

写真拡大

「2016-2017 日本カー・オブ・ザ・イヤー」を決定する第1次選考会が7日、都内で実施され、全35台のノミネート車の中から最終選考会に進む上位10台の「10ベストカ ー」が選出された。最終選考会・表彰式は12月9日に行われる。

日本カー・オブ・ザ・イヤーは、市販を前提に日本国内で発売される乗用車の中から、年間を通じて最も優秀なクルマを毎年選定。開発・製造事業者を称えるとともに、性能・品質・安全のさらなる向上と業界発展に寄与する目的で活動しているという。昨年はマツダ「ロードスター」が日本カー・オブ・ザ・イヤー、BMW「2シリーズ アクティブ ツアラー / グラン ツアラー」がインポート・カー・オブ・ザ・イヤーに選定された。

37回目となる今回は、2015年10月1日から2016年10月31日までに日本国内で発表され、年間販売台数が500台以上見込まれる乗用車の中から、35台のノミネート車が10月31日に決定。11月7日、ノミネート車の中から最終選考会に進む上位10台の「10ベストカ ー」が選出された。今後は11月23〜25日の期間に59名の選考委員(自動車評論家・ジャーナリスト・有識者ら)による最終選考の投票が実施され、12月9日の最終選考会・表彰式でイヤーカーおよび部門賞、特別賞が発表される。

「10ベストカー」はノミネート順に、スバル「インプレッサスポーツ / G4」、トヨタ「プリウス」、ホンダ「フリード / フリード+」、日産「セレナ」、BMW「M2 クーペ」、アウディ「A4 シリーズ(セダン / アバント / オールロード クアトロ)」、ジャガー「F-PACE」、アバルト「124 スパイダー」、メルセデス・ベンツ「Eクラス」、ボルボ「XC90」の10台となっている。なお、「10ベストカーは最終選考会まで全車同等の扱いとするため、各車の投票結果は公表しておりません」とのこと。

(木下健児)