Doctors Me(ドクターズミー)- 1週間で-4kg!? 簡単&超短期「まいたけダイエット」の3つの実践ポイント

写真拡大

2016年11月6日放送のTBS『ピラミッド・ダービー』で話題になった「まいたけダイエット」。

番組内では、実際にアイドルの愛川ゆず季さんが「まいたけダイエット」を1週間続けた結果、マイナス4kgの減量に成功したことが紹介されました。

お手軽&短期間で得られた効果に視聴者も釘付けでしたが、今回は改めて知られざるまいたけパワーを、医師に詳しく解説をしていただきました。

まいたけの主な栄養成分

βグルカン


キノコ類一般に含まれる栄養素ですが、免疫力を高める効果があります。

食物繊維


腸内環境を整え、便通を整える効果があります。

カリウム


ナトリウムの排出を促しむくみを予防する効果があります。

ダイエットの味方!まいたけ成分「MXフラクション」

MXフラクションはまいたけに含まれる多糖体の一種です。血中の脂質の分解を促進する作用のほか、体内の免疫細胞を活性化させるので抗がん作用もあると期待されています。

番組で紹介された「まいたけダイエット」方法


◎ポイント1
朝晩50gずつ、1日合計100gの黒まいたけを食べる。

◎ポイント2
煮汁なども残さず食べる(水溶性のため)

◎ポイント3
200℃以上の高温調理は禁止(成分が壊れてしまうため)

まいたけダイエットの注意点


まいたけで痩せるとは限らない


まいたけを摂ることは良いのですが、結局は摂取総カロリーが必要摂取カロリーをオーバーしている状態が続くと痩せません。

きのこアレルギーのある人は向かない


何らかのキノコに対してアレルギーのある方は、まいたけを多量に摂取することでマイタケアレルギーを示すこともあるので注意してください。

偏食にならないようにする


まいたけの量を増やすだけならよいのですが、まいたけだけにするような食事にならないように気を付けてください。

胃もたれなどを起こしたら食べるのをやめる


突然、まいたけだけを増やすことにより胃腸の不調につながることも考えられるので、そのような症状がでれば中止してください。

ダイエット以外のまいたけの効果

1. 抗がん作用


まいたけに含まれるβグルカンなどの多糖体の働きによって免疫機能が高まり、これによりがん細胞の増殖を抑制する効果が期待できます。

2. 食後血糖値の上昇抑制


まいたけに含まれる食物繊維などの働きで食後の血糖値が急激に上昇することを抑える抑制があります。

3. 血圧上昇の抑制


ナトリウムの排出を促進し、血圧の上昇を抑える効果が期待できます。

4. コレステロール上昇の抑制


脂質の代謝を促進し、血中コレステロールの上昇を抑えます。

5. カルシウムの吸収を促進


ビタミンDも豊富に含まれるのでカルシウムの取り込みを助ける作用があります。

まいたけの効果的な食べ方


天ぷら


栄養素が流れ出さないので、効果的に栄養素を摂取することができます。

味噌汁


味噌汁は作る頻度が高いので継続的にまいたけを摂取することができます。塩分に注意しながら、汁も飲むとよいでしょう。

最後に医師から一言

まいたけはビタミンやミネラルも含み、また低カロリーなので健康的な食品と言えます。
日々の食事の中でうまく取り入れ、継続的に摂取できるとよいですね。

(監修:Doctors Me 医師)