中国の若い女性、ヒップを鷲掴みにされ逆襲(出典:https://www.youtube.com)

写真拡大

腰に手を添えてくる彼氏とベッタリくっついて歩いている女性ならば、他の男に触られてもその手が彼氏のものだと思い、まさか自分が痴漢被害にあったなどとは思わないだろう。そんな浅はかな考えで女性の尻を触った痴漢男が、目論みとは裏腹に女性から強烈な反撃を食らった。その映像がYouTubeに公開されるやいなやネチズンからは「よくぞやった!」と拍手喝采する声があがっている。

【この記事の動画を見る】

ピッチリとした白いパンツスタイルで彼氏とともに食料品市場に出かけた中国の若い女性。ボヤけた映像であってもなかなかの美人であることが見て取れる。ボーイフレンド(あるいは夫か)とくっついている時こそチャンスと見たのか、1人の男がカップルの背後に近づくとさっと女性の尻を鷲掴みにし、何食わぬ顔をして通り過ぎた。

しかし女性はそれがボーイフレンドの手ではないことに気づくと即座に反応。痴漢男の左尻をあらん限りの力で蹴とばした。大きく転倒した男は痛みと動揺で立ち上がることもできない。その一部始終を捉えた監視カメラの映像がメディアにも公開されると一気にネチズンの間で炎上。密着型カップルからおこぼれを頂戴するかのようなこうした“お触り”被害は多いのか、女性からは「彼女はよくやった!」「男はこれくらいの反撃を受けて当然」と拍手があがっているようだ。

こちらは4日、YouTubeに“Careful who's a** you grab”というタイトルで投稿されたその動画である。気になるのはこの女性の激しい怒り、勇気あふれる反撃に比べ、肝心のボーイフレンドがどこかへっぴり腰で足が一歩も前に出ていないこと。中国の男女の力関係は完全に逆転したという説はあながち嘘ではなさそうだ。

出典:https://www.youtube.com
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)