エミー賞常連のコメディーがついに上陸!
 - (C)2016 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R)and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.

写真拡大

 海外ドラマのアカデミー賞と称されるエミー賞のコメディーシリーズ部門で過去5度にわたって43ノミネート、2年連続作品賞、主演女優のジュリア・ルイス=ドレイファスが5年連続主演女優賞を受賞した大ヒットドラマ「Veep/ヴィープ」がついに日本上陸。11月10日よりhuluにてシーズン1が配信される。

 本作は、やる気はあるのにちょっとドジなアメリカの副大統領(=Veep)・セリーナ(ジュリア)の奮闘を描いた政界コメディー。副大統領に選ばれた時は遂行したい政策があり、大統領のサポート役として自分の能力を最大限に発揮し、頼られる存在になりたいと思っていたセリーナ。しかし、待てど待てど大統領からの連絡はなく、来る仕事といえば大統領が急遽参加できなくなったイベントの代理出席など重要性が全くないものばかり。

 口の悪い首席報道官マイクいわく、世間でのセリーナのニックネームは「アバズレ女」「老婆マイヤー」「オイボレヘップバーン」。予告編では、マイクをはじめどんくさい右腕ゲイリーや、ルックスを武器にする次席報道官ダン、爆弾発言を繰り出す秘書スーら曲者ぞろいのスタッフたちを束ねながら、パッとしない日々を送るセリーナの姿がユーモラスに映し出される。

 「この状況はまずい」とセリーナはある施策を推し進めるべく一念発起。それは使い捨てのスプーンやフォークをコーンスターチ製に切り替えるという「クリーン・ジョブ」施策。しかし、名案と思っていた施策が石油業界から大反発を食らい、八方塞がりになる。果たして、大統領からの電話が鳴る日は訪れるのか? 名女優ジュリアが演じる愛敬たっぷりの型破りな女性副大統領に魅了されること必至だ。(編集部・石井百合子)

「Veep/ヴィープ」シーズン1は11月10日よりhuluにて独占配信スタート(※初回3話同時配信予定。以降、毎週木曜日に1話ずつ新エピソード追加)