SUPER JUNIOR ヒチョル「『ファントムシンガー』のMCを引き受けるか悩んだ」

写真拡大

SUPER JUNIORのヒチョルが「ファントムシンガー」のMCを引き受けた理由を明かした。

ヒチョルは7日午後、ソウル中(チュン) 区巡和洞(スンファドン) 湖巌(ホアム) アートホールで開催されたJTBC新バラエティ番組「ファントムシンガー」の制作発表会で「『ファントムシンガー』からMCのオファーを受けた時、すごく悩んだ」と明らかにした。

彼が悩んだ理由は、クロスオーバーのジャンルを取り扱うだけに、「ヒチョルがなぜそこに?」と問われるのは必至だったためだ。

ヒチョルは「『ファントムシンガー』というタイトルから来るプレッシャーも大きかった。僕の場合もMCとして引けを取らないから。それからプロデューサー役は、本当にすごい方が多い。良い声を持って料理してくれる素晴らしい調理師が多くて、僕とチョン・ヒョンムさんはちゃんとサーブするだけで良いと思ってMCを受け入れることになった」と説明した。

初収録の感想については「驚いたのが、音楽がこういう風に聴こえることもあるんだ、童謡も様々なジャンルで新たに解釈できるんだ、ということを最高の韓流スターとして初めて感じた。プロデューサーの方々を尊敬する」と感激した様子だった。

最後に「重い雰囲気を和らげる役割なので、あまり難しく思わずにご覧いただけると思う」と付け加えた。