ポルシェ謎のプロトタイプをキャッチしました。

1

一見、4ドアサルーン「パナメーラ」ですが、よく見るとホイールベースが切り詰められ、リアドアが不自然に短くされており、2ドアボディを偽装している可能性が高いです。

欧州エージェントのレポートによれば、このプロトタイプはポルシェが1978年から1995年まで製造した2ドアハッチバック『928』後継モデルの可能性があるようです。

「928」は「911」に続く新たな主力モデルとして開発され、当時、次世代フラッグシップとして発売されました。

4.5リットル水冷V型8気筒エンジンをフロントミッドシップにマウントし、絶大な人気を誇りましたが、ポルシェの経営悪化に伴って惜しまれつつ生産中止に追い込まれました。

以降、「928」後継モデルは存在していませんが、23年振りに復活する可能性があるといいます。ポルシェはすでにパナメーラのコンパクト版である、4ドア「パジュン」のプロジェクトを進めており、ラグジュアリー2ドアクーペの計画があっても不思議ではありません。

パワートレインは3.5リットルV型6気筒、及び新開発の4リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載する可能性が高いようです。

ワールドプレミアは2018年頃になりそうです。

(APOLLO)

往年の名モデル・928が復活!? 謎のコンパクト・パナメーラの正体とは…(http://clicccar.com/2016/11/07/414994/)