Doctors Me(ドクターズミー)- 澤穂希さん腹筋でお腹出ず?妊娠後期でお腹が目立たない4つの原因

写真拡大

2016年11月3日(木)に行われた映画の舞台挨拶に登場した妊娠7カ月の澤穂希さんが、腹筋がありすぎてお腹のふくらみが見えないことを告白したことが話題となっております。

元々プロスポーツ選手ならではのお悩みかとは思われますが、妊娠後期になってもお腹のふくらみが見えない場合はどのような原因が考えられるのでしょうか。

今回は「妊娠後期でお腹が膨らまない4つの原因」について、医師に解説をしていただきました。

原因1:腹筋が発達している


澤穂希さんのように、スポーツを多くされているなどして腹筋が発達している女性は、前方向ではなくやや平たく横にお腹が広がることが多く、目立ちにくい傾向があると考えられます。

原因2:元々の体型によるもの


身長が高かったり、骨盤が奥行きがあって大きい女性、あるいはもともとボリュームのある体つきの女性は、小柄で骨盤の狭い、やせた女性に比べるとお腹の中のスペースに余裕があることが多く、妊娠前と差が分かりにくいということがあります。

原因3:赤ちゃんの大きさや、子宮の位置


赤ちゃんが小さめだったり、子宮がお腹のどこかにすっぽりはまり込むようにおさまっていたりすると、外からはわかりにくいことがあります。

原因4:羊水が少ない


子宮の中で赤ちゃんがぷかぷか浮いている羊水が少ない場合にもお腹のふくらみは目立ちにくくなります。

羊水の量には個人差がありますが、それでも100mlを切ってくると、追加で検査などが必要になってくることが多いと考えられます。

お腹が膨らまないに疑う3つの病気

1:羊水過少症


妊娠後期でもお腹が膨らまない原因の一つに羊水過少症がありますが、この羊水過少を起こす原因のうち最も多いものは前期破水であるといわれています。

2:妊娠高血圧症


妊娠高血圧症で胎盤の血流が悪化し、尿の産生に問題が生じていることなども原因となりえます。

3:先天的な異常


先天的な異常で腎臓や、尿を排泄する経路に問題があったり、赤ちゃんが週数に比して小さい場合もあり得ます。

しかし、お母さんのもともとの体型によるもの、筋肉量によるものなど特に問題がない場合もたくさんありますので、検診の際などに特に何も指摘されていなければ過度に心配する必要はありません。

医師からのアドバイス

妊娠中は、生活や体形の変化に対するストレスなどがあったり、ホルモンバランスの変化やつわりによる体調不良があったりしてどうしてもいろいろなことが気になってしまいがちです。

しかし、お母さんが強いストレスを感じてしまうと赤ちゃんにもよくありませんので、ゆったり気持ちをもって、わからないことは何でも産科の主治医の先生にきくようにしましょう。

(監修:Doctors Me 医師)